第442回:トヨタがお父さんで、スバルがお母さん!? やっと分かった「86」&「BRZ」の作り方

2011.12.16 小沢コージの勢いまかせ!

第442回:トヨタがお父さんで、スバルがお母さん!?やっと分かった「86」&「BRZ」の作り方

第42回東京モーターショーに出展された「スバルBRZ」。トヨタと共同で開発された新型スポーツカーで、2012年春の発売が予定されている。
第42回東京モーターショーに出展された「スバルBRZ」。トヨタと共同で開発された新型スポーツカーで、2012年春の発売が予定されている。
「スバルBRZ」の開発にあたった、富士重工業の増田年男さん。
「スバルBRZ」の開発にあたった、富士重工業の増田年男さん。
運転席まわりの様子。トランスミッションは、MTのほかにATも用意される。
運転席まわりの様子。トランスミッションは、MTのほかにATも用意される。

「やりたいことができました」

「夢の100万人超え!」はならなかったものの、前回より4割近く多い84万2600人も入って大成功に終わった第42回東京モーターショー。
外国の人にどう受け止められたか若干心配だけど、俺としては見やすかったし、フツーのクルマ好きやカップルにとっても良かったハズ。次回はぜひこのまま都内の会場キープで、よりグローバルなショーを目指して頑張ってほしい!

ってな具合だが、今回は個人的にもさまざまな発見があった。中でもインパクトがあったのは「トヨタ86」であり、その兄弟車「スバルBRZ」の開発者、増田年男さんとの立ち話。前々から自分が疑問に思っていたこと……要は、トヨタとスバルの役割分担や、走りへのこだわりなどについて、ホントのところが垣間見えたからだ。
では以下、チラっと雑談の内容を。


(スバルブースにて)
小沢:いや、大人気ですねぇ。
増田:ありがとうございます。

小沢:このクルマのどこがすごいのか、開発者の立場から教えてください。
増田:やっぱり基本性能でしょうね。ボンネットを開けてもらえれば分かりますけど、現行「インプレッサ」に比べて重心が120mm下げてあるうえ、エンジン搭載位置をより後ろに持ってきています。

小沢:12cm!! きっと、そこに尽きるんでしょうね(ガチャッとボンネットを開ける)。うわ、低い! こんだけ分かりやすく搭載位置が低いのって「レガシィ」や「インプレッサ」でもなかったと思うんですが……。

増田:クランクシャフトの位置でいうと、60mm下がってます。でも、それだけではありません。駆動方式が4WDでなくFRなので、(フロントの)ドライブシャフトがなくなって、エンジンの搭載位置をキャビンに近いフロントミドシップにできました。排気系の取り回しも見直して、またさらに低くできています。

エンジンルームの後方、低い位置に搭載される、2リッター水平対向4気筒エンジン。
エンジンルームの後方、低い位置に搭載される、2リッター水平対向4気筒エンジン。
 
第442回:トヨタがお父さんで、スバルがお母さん!? やっと分かった「86」&「BRZ」の作り方の画像

小沢:邪魔なモノがなくなったことで、フラット4の優位点をより明確に出せたと。
増田:そうとも言えます。それから、バッテリーの搭載位置を後ろにして、フロントサスペンションを前に出し、特にアームは“前引き”、つまりボディー側の取り付け位置が前になって足がスムーズに動くようになってます。

小沢:ホイールベースが長くなっただけでなく、力学的にサスが素直に動かせる配置になったと。
増田:オイルパンも見直して、1インチ薄くしてます。だからこのボンネットの低さで、歩行者保護の要件も満たせたんですね。

小沢:エンジンの搭載位置があまりに低いから、これだけ低いボンネットでもその下にさらに十分なクラッシャブルゾーンが確保できてるってことですよね。
増田:そうです。
小沢:なんだか、美しすぎるお話です。まさにスバル新原理主義って感じで。(笑)
増田:そうですね。僕らエンジニア側としてもやりたい事ができたし、その点ではこのプロジェクトに感謝しています。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る