ジャガーXJR(FR/8AT)

心にゆとりと分別を 2014.05.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。

違いのわかるハイパワー

「XJR」はジャガーサルーン「XJ」の最高性能モデルである。これまで「スーパースポーツ」と名乗った5リッターV8スーパーチャージャー搭載車(スタンダードホイールベース)の後継にあたる。

3リッターV6ターボを主力エンジンに据え、まさかの2リッター4気筒ターボ版までそろえるなど、エンジンのダウンサイジングに取り組んできた最近のXJシリーズにあって、5リッターV8過給機付きはリストラされるかと思ったら、さらに過激に生まれ変わった。XJRは先代XJ(X358)の世代にも存在したが、V8スーパーチャージャーは4.2リッターとカワイイもの(?)だった。

新XJRのエンジンはスポーツカーのトップバージョン「XKR-S」と共通。ルーツタイプのスーパーチャージャーを組み込んだオールアルミ製直噴5リッター4カムV型8気筒はXJスーパースポーツの510psをしのぐ550psを発生する。0-100km/hのメーカー公表値は4.6秒。全長5.1m超のVIPサルーンをこんなスピードで走らせる発想は、日本車にはない。
「新幹線です! ものすごく速いです」。都内からステアリングを握ってきた『webCG』スタッフSさんに感想を聞いたら、そう返ってきた。付け加えれば、「911カレラ」の突進力で加速する新幹線である。車内販売は無理だ。

このクラスのラグジュアリーサルーンに500psを超すパワーソースが与えられても、多くの場合、それは陸の王者をきめこむための“余裕”だったりするが、XJRは違う。踏まないと目覚めなかったり、デフォルトのドライブモードでは意外におとなしかったり、なんていう“出し惜しみ”はしない。550psの波打ち際までいつでも行ける。それがXJRの個性であり、魅力だと思う。

長短2タイプのホイールベースが用意される「ジャガーXJ」シリーズ。「XJR」は“短いほう”だが、そのホイールベースは3mオーバー、全長は5mをゆうに超える。


    長短2タイプのホイールベースが用意される「ジャガーXJ」シリーズ。「XJR」は“短いほう”だが、そのホイールベースは3mオーバー、全長は5mをゆうに超える。
550psと69.3kgmを発生する、スーパーチャージャー付きのV8エンジン。停車時のアイドリングストップ機能も備わる。
550psと69.3kgmを発生する、スーパーチャージャー付きのV8エンジン。停車時のアイドリングストップ機能も備わる。
「XJR」のインテリア。基本的なデザインは他の「XJ」シリーズと共通だが、「R」ロゴ入りのステアリングホイールや「XJRソフトグレイン レザーインテリア」など、各所の仕立ては専用となっている。
「XJR」のインテリア。基本的なデザインは他の「XJ」シリーズと共通だが、「R」ロゴ入りのステアリングホイールや「XJRソフトグレイン レザーインテリア」など、各所の仕立ては専用となっている。
新型「ジャガーXJR」は、2013年3月のニューヨーク国際自動車ショーでデビュー。日本では、同年10月に受注が開始された。
新型「ジャガーXJR」は、2013年3月のニューヨーク国際自動車ショーでデビュー。日本では、同年10月に受注が開始された。
トランクリッドには、ジャガーのハイパフォーマンスモデルであることを示す、特別なエンブレムが添えられる。
トランクリッドには、ジャガーのハイパフォーマンスモデルであることを示す、特別なエンブレムが添えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る