クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジャガーXJR(FR/8AT)

心にゆとりと分別を 2014.05.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。

違いのわかるハイパワー

「XJR」はジャガーサルーン「XJ」の最高性能モデルである。これまで「スーパースポーツ」と名乗った5リッターV8スーパーチャージャー搭載車(スタンダードホイールベース)の後継にあたる。

3リッターV6ターボを主力エンジンに据え、まさかの2リッター4気筒ターボ版までそろえるなど、エンジンのダウンサイジングに取り組んできた最近のXJシリーズにあって、5リッターV8過給機付きはリストラされるかと思ったら、さらに過激に生まれ変わった。XJRは先代XJ(X358)の世代にも存在したが、V8スーパーチャージャーは4.2リッターとカワイイもの(?)だった。

新XJRのエンジンはスポーツカーのトップバージョン「XKR-S」と共通。ルーツタイプのスーパーチャージャーを組み込んだオールアルミ製直噴5リッター4カムV型8気筒はXJスーパースポーツの510psをしのぐ550psを発生する。0-100km/hのメーカー公表値は4.6秒。全長5.1m超のVIPサルーンをこんなスピードで走らせる発想は、日本車にはない。
「新幹線です! ものすごく速いです」。都内からステアリングを握ってきた『webCG』スタッフSさんに感想を聞いたら、そう返ってきた。付け加えれば、「911カレラ」の突進力で加速する新幹線である。車内販売は無理だ。

このクラスのラグジュアリーサルーンに500psを超すパワーソースが与えられても、多くの場合、それは陸の王者をきめこむための“余裕”だったりするが、XJRは違う。踏まないと目覚めなかったり、デフォルトのドライブモードでは意外におとなしかったり、なんていう“出し惜しみ”はしない。550psの波打ち際までいつでも行ける。それがXJRの個性であり、魅力だと思う。

長短2タイプのホイールベースが用意される「ジャガーXJ」シリーズ。「XJR」は“短いほう”だが、そのホイールベースは3mオーバー、全長は5mをゆうに超える。


    長短2タイプのホイールベースが用意される「ジャガーXJ」シリーズ。「XJR」は“短いほう”だが、そのホイールベースは3mオーバー、全長は5mをゆうに超える。
    拡大
550psと69.3kgmを発生する、スーパーチャージャー付きのV8エンジン。停車時のアイドリングストップ機能も備わる。
550psと69.3kgmを発生する、スーパーチャージャー付きのV8エンジン。停車時のアイドリングストップ機能も備わる。
    拡大
「XJR」のインテリア。基本的なデザインは他の「XJ」シリーズと共通だが、「R」ロゴ入りのステアリングホイールや「XJRソフトグレイン レザーインテリア」など、各所の仕立ては専用となっている。
「XJR」のインテリア。基本的なデザインは他の「XJ」シリーズと共通だが、「R」ロゴ入りのステアリングホイールや「XJRソフトグレイン レザーインテリア」など、各所の仕立ては専用となっている。
    拡大
新型「ジャガーXJR」は、2013年3月のニューヨーク国際自動車ショーでデビュー。日本では、同年10月に受注が開始された。
新型「ジャガーXJR」は、2013年3月のニューヨーク国際自動車ショーでデビュー。日本では、同年10月に受注が開始された。
    拡大
トランクリッドには、ジャガーのハイパフォーマンスモデルであることを示す、特別なエンブレムが添えられる。
トランクリッドには、ジャガーのハイパフォーマンスモデルであることを示す、特別なエンブレムが添えられる。
    拡大

燃費に驚き、走りに戸惑う

変速機はZF製の8段AT。100km/h時における8速トップの回転数はたったの1250rpm。アイドリングに毛の生えたようなスロー回転である。しかも、他のXJ同様、スタート/ストップ機構付きだから、基本、アイドリングもしない。燃費も決して悪くない。今回、約320kmを走って、7.2km/リッター(満タン法)をマークした。

という事実を押さえた上で再び言うと、このトップ・オブ・XJは、本当に速い。アルミボディーとはいえ、このサイズともなると車重は2トンに迫るが、そんなヘビーウェイトを感じさせない。わずかなスロットル開度でものけぞるようにせりだすのは、トルクに勝る大排気量エンジンに加え、タイムラグのないスーパーチャージャーならではだろう。加速中、スーパーチャージャーにありがちなメカ音はまったくしない。重低音のエキゾーストノートを聴かせながら、加速Gだけが怒涛のように高まる。

前:ダブルウィッシュボーン/後:マルチリンクの足まわりはかなり締め上げられている。20インチのサンマルとサンゴーというサーキットフレンドリーなタイヤを前後に履くこともあり、乗り心地はグイッと硬く、しなやかとはいえないが、550psの大型FRを安定させるにはこの程度のハードさは必要なのだろう。

とはいえ、このボディーサイズとこのパワフルさ。狭いワインディングロードでは、ローカル線に新幹線で乗り入れてしまったかのような場違い感を覚える。XJRのシャシー性能をフルに楽しもうと思ったら、大きなサーキットに行きましょう。

「XJR」の0-100km/h加速タイムは、510psの「XJスーパースポーツ」よりも0.3秒速い4.6秒。最高速度は280km/hとされる。フロントのバンパーとスポイラーは専用品。
「XJR」の0-100km/h加速タイムは、510psの「XJスーパースポーツ」よりも0.3秒速い4.6秒。最高速度は280km/hとされる。フロントのバンパーとスポイラーは専用品。
    拡大
スポーツシートの表皮には、パンチングメッシュのソフトグレインレザーがおごられる。テスト車のシートカラーは、「ジェット×レッドゾーン」と呼ばれるツートンカラー。
スポーツシートの表皮には、パンチングメッシュのソフトグレインレザーがおごられる。テスト車のシートカラーは、「ジェット×レッドゾーン」と呼ばれるツートンカラー。
    拡大
写真のホイールは、標準装備の20インチ鍛造アルミホイール「Farallon」。ダンパーやスプリングなど、足まわりには専用のチューニングが施される。
写真のホイールは、標準装備の20インチ鍛造アルミホイール「Farallon」。ダンパーやスプリングなど、足まわりには専用のチューニングが施される。
    拡大
トランクルームの様子。フロアボードの下には、スペアタイヤとバッテリーがおさめられている。(写真をクリックすると、上記収納パーツが見られます)
トランクルームの様子。フロアボードの下には、スペアタイヤとバッテリーがおさめられている。(写真をクリックすると、上記収納パーツが見られます)
    拡大

見ても乗ってもスポーツカー

ウォールナットパネルとコノリーレザーの伝統的英国車テイストを一から見直したインテリアが今のXJの魅力だが、“R”はやはり最もレーシングライクである。ダッシュパネルはカーボン。ラウンドしたフロントガラスの地平線にはまる細い内装材もカーボン。カーボン繊維の紋様って、そんなにありがたいかという気もするが、無償オプションだから、ほかも選べる。

ドライバー正面の計器は、液晶デジタル方式のアナログメーター。エンジンをかけると、ゲーム機のようなカッコいいメーターが現れる。速度計も回転計も、いま針がある周辺だけがスポットライトふうに浮き上がるなど、見せ方も若向きで凝っている。
試乗車はショーファードリブンじゃないよオーラを放つ明るい白。屋根は黒いグラスルーフで、センターピラーから後ろの窓には濃い目のプライバシーガラスがはまる。
電動トランクのリッド(フタ)にはリップスポイラーが付き、テールには4本出しの排気管が突き出す。20インチ鍛造ホイール越しには、真っ赤なブレーキキャリパーと大径のローターが丸見えに見える。

VIPサルーンにスポーツカーの心臓や脚を与えたというよりも、ジャガーのスポーツカーから派生したVIPサルーンといったルックスの印象は、乗っても同じである。
個人の感想だが、昔からXJサルーンに乗ると、いつもより多めに譲ってしまう。貴婦人から一転、男性名詞のクルマにモデルチェンジを遂げた現行XJでも、2リッター4気筒のベーシックモデルには XJ伝統のセンシブルな味わいが残っていると思うが、XJRは別格だ。
このクルマを手にする幸福なオーナーには、余計なお世話だけど、こんなお祝いの言葉を贈りたい。Be a good driver.

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=峰 昌宏/撮影協力=河口湖ステラシアター)

3連のアナログメーターは、液晶画面にアニメーションとして表示される。走行モードを変更するとカラーリングも変化する。
3連のアナログメーターは、液晶画面にアニメーションとして表示される。走行モードを変更するとカラーリングも変化する。
    拡大
中央に見えるのは、「JaguarDriveセレクター」と呼ばれるダイヤル式のギアセレクター。エンジンスタートボタンを押すと、写真の定位置までせり上がる。
中央に見えるのは、「JaguarDriveセレクター」と呼ばれるダイヤル式のギアセレクター。エンジンスタートボタンを押すと、写真の定位置までせり上がる。
    拡大
マフラーエンドは4本出し。トランクリッドの後端には、小ぶりなスポイラーも。
マフラーエンドは4本出し。トランクリッドの後端には、小ぶりなスポイラーも。
    拡大
定員3人の後席。プライバシーガラスや電動式ブラインド、独立式エアコンなどの快適装備が備わる。
定員3人の後席。プライバシーガラスや電動式ブラインド、独立式エアコンなどの快適装備が備わる。
    拡大

ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ジャガーXJR

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5135×1905×1455mm
ホイールベース:3030mm
車重:1960kg
駆動方式:FR
エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き
トランスミッション:8段AT
最高出力:550ps(405kW)/6500rpm
最大トルク:69.3kgm(680Nm)/2500-5500rpm
タイヤ:(前)265/35ZR20 99Y/(後)295/30ZR20 101Y(ピレリPゼロ)
燃費:6.8km/リッター(JC08モード)
価格:1743万円/テスト車=1788万2000円
オプション装備:ブラインドスポットモニター(4万1000円)/カーボンファイバーエンジンカバー(21万6000円)/イルミネーションパック(19万5000円)

テスト車の走行距離:1802km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(9)/山岳路(0)
テスト距離:318.4km
使用燃料:44.4リッター
参考燃費:7.2km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)

ジャガーXJR
ジャガーXJR
    拡大
「XJR」のセンターコンソールに置かれる8インチディスプレイは、運転席と助手席とで異なる映像が楽しめる「デュアルビュータッチスクリーン」。そのためのヘッドホンも標準で備わる。
「XJR」のセンターコンソールに置かれる8インチディスプレイは、運転席と助手席とで異なる映像が楽しめる「デュアルビュータッチスクリーン」。そのためのヘッドホンも標準で備わる。
    拡大

ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
XJジャガー試乗記

あなたにおすすめの記事