マツダが「ロードスター25周年記念車」を発売

2014.05.20 自動車ニュース
「マツダ・ロードスター25周年記念車」
「マツダ・ロードスター25周年記念車」

マツダが「ロードスター25周年記念車」を発売

マツダは2014年5月20日、「ロードスター」のデビュー25周年を記念する特別仕様車「ロードスター25周年記念車」を国内25台限定で発売すると発表した。商談予約は専用Webページで5月27日から受け付ける。車両価格は325万円(8%の消費税込み)。

 
マツダが「ロードスター25周年記念車」を発売の画像
 
マツダが「ロードスター25周年記念車」を発売の画像

ロードスター25周年記念車は、2014年4月のニューヨークモーターショーで公開された「MX-5ミアータ 25th アニバーサリーエディション」(写真はこちら)の国内仕様に当たるもの。電動ルーフ「パワーリトラクタブルハードトップ」を採用した「RS RHT」グレードの6段MT仕様をベースにしている。

ボディーカラーは、マツダのトレードマークともいえるソウルレッドプレミアムメタリックとした。これにブリリアントブラックのルーフ、フロントピラーカラー(ウインドシールドフレーム)、ドアミラーを組み合わせ、インテリアにはオフホワイトを採用し、こだわりを表現した。

また、ピストンやコンロッド、フライホイールなどの回転系部品を厳選して、エンジンのレスポンスや伸び、吹け上がり、音質を追求し、ライトウェイトスポーツの楽しさを磨きあげたという。
さらに、「所有する楽しみをより大きく、世界中のオーナーの方との絆を感じられるように」(プレスリリース)世界共通の仕様とし、生産順にシリアルナンバーを与えた。

ロードスター25周年記念車の特別装備は次のとおり。

■特別装備
・専用ボディーカラー(ソウルレッドプレミアムメタリック)
・ブリリアントブラックで統一したパワーリトラクタブルハードトップ、フロントピラーカラー、ドアミラー
・オフホワイト・レザーシート、およびドアトリム(25th Anniversaryロゴ付き、レッドステッチ)+シートヒーター(温度5段階調整機能付き)
・ベストバランスを求めて厳選したピストン、コネクションロッド、フライホイール
・フロント・コンビネーションランプベゼル(ブラック)
・専用シートバックガーニッシュ(ブリリアントブラック塗装)
・205/45R17タイヤ、および17インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)
・専用オーナメント(25th Anniversaryエンブレム、シリアルナンバー付き)
・専用ステンレス・スカッフプレート(25th Anniversaryロゴ付き)
・インパネ・デコレーションパネル(手塗りレッド加飾)
・本革巻きステアリング、シフトブーツ、パーキングブレーキレバー、アームレスト(レッドステッチ)
・サテンクロム仕上げのメーターリング、エアコンベゼルリング、インナードアハンドル
※ビルシュタイン製ダンパーやアルミペダルはベース車(RS RHT)に標準装備

販売は専用Webページでの商談予約方式をとる。2014年5月27日の20:00から先着順で受付し、25台の成約時点で受付を終了するとのことだ。

(webCG)

→「マツダMX-5ミアータ 25th アニバーサリーエディション」写真はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る