マツダが「ロードスター25周年記念車」を発売

2014.05.20 自動車ニュース
「マツダ・ロードスター25周年記念車」
「マツダ・ロードスター25周年記念車」 拡大

マツダが「ロードスター25周年記念車」を発売

マツダは2014年5月20日、「ロードスター」のデビュー25周年を記念する特別仕様車「ロードスター25周年記念車」を国内25台限定で発売すると発表した。商談予約は専用Webページで5月27日から受け付ける。車両価格は325万円(8%の消費税込み)。

ロードスター25周年記念車は、2014年4月のニューヨークモーターショーで公開された「MX-5ミアータ 25th アニバーサリーエディション」(写真はこちら)の国内仕様に当たるもの。電動ルーフ「パワーリトラクタブルハードトップ」を採用した「RS RHT」グレードの6段MT仕様をベースにしている。

ボディーカラーは、マツダのトレードマークともいえるソウルレッドプレミアムメタリックとした。これにブリリアントブラックのルーフ、フロントピラーカラー(ウインドシールドフレーム)、ドアミラーを組み合わせ、インテリアにはオフホワイトを採用し、こだわりを表現した。

また、ピストンやコンロッド、フライホイールなどの回転系部品を厳選して、エンジンのレスポンスや伸び、吹け上がり、音質を追求し、ライトウェイトスポーツの楽しさを磨きあげたという。
さらに、「所有する楽しみをより大きく、世界中のオーナーの方との絆を感じられるように」(プレスリリース)世界共通の仕様とし、生産順にシリアルナンバーを与えた。

ロードスター25周年記念車の特別装備は次のとおり。

■特別装備
・専用ボディーカラー(ソウルレッドプレミアムメタリック)
・ブリリアントブラックで統一したパワーリトラクタブルハードトップ、フロントピラーカラー、ドアミラー
・オフホワイト・レザーシート、およびドアトリム(25th Anniversaryロゴ付き、レッドステッチ)+シートヒーター(温度5段階調整機能付き)
・ベストバランスを求めて厳選したピストン、コネクションロッド、フライホイール
・フロント・コンビネーションランプベゼル(ブラック)
・専用シートバックガーニッシュ(ブリリアントブラック塗装)
・205/45R17タイヤ、および17インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)
・専用オーナメント(25th Anniversaryエンブレム、シリアルナンバー付き)
・専用ステンレス・スカッフプレート(25th Anniversaryロゴ付き)
・インパネ・デコレーションパネル(手塗りレッド加飾)
・本革巻きステアリング、シフトブーツ、パーキングブレーキレバー、アームレスト(レッドステッチ)
・サテンクロム仕上げのメーターリング、エアコンベゼルリング、インナードアハンドル
※ビルシュタイン製ダンパーやアルミペダルはベース車(RS RHT)に標準装備

販売は専用Webページでの商談予約方式をとる。2014年5月27日の20:00から先着順で受付し、25台の成約時点で受付を終了するとのことだ。

(webCG)

→「マツダMX-5ミアータ 25th アニバーサリーエディション」写真はこちら。

関連キーワード:
ロードスターマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る