第75回:一緒にクルマに乗れば、ネットよりも親密になれる
『ディス/コネクト』

2014.05.23 エッセイ

闇金より怖い世界を描く

『闇金ウシジマくん Part2』に出てくる人間は、みんなロクでもないヤツらだ。カウカウファイナンスは10日5割(トゴ)とか1日3割(ヒサン)という違法金利で金を貸し、返済が滞った客からは暴力で取り立てる。女の客は、フーゾク業で働かせて金を作らせたりもする。ウシジマ社長は、金属バットで人間の頭めがけてフルスイングするのも平気な男だ。金を借りに来る側だって、マトモじゃない。ホストに入れあげて高いボトルを入れまくる女、ギャンブル依存症ですっからかんの男、どいつもこいつもクズばかりだ。

役者陣が達者で、リアリティーたっぷりである。山田孝之は凶悪なウシジマになりきっているし、中尾明慶のダメ男ぶりも堂に入っている。高橋メアリージュンの、モデル出身とは思えない粗暴な壊れ方は必見だ。カンヌ最優秀男優賞の柳楽優弥は、異常者役で圧巻の演技を見せた。恐ろしいのは、この映画のエピソードはかなりの部分が実際にあった事例にもとづいているということだ。誰でも、このハードな世界に巻き込まれる危険がある。

もちろん、闇金なんぞに手を出さなければこんな連中と関わり合いにならずにすむ。まっとうな社会生活を送っていれば避けられるリスクなのだ。もっと恐ろしいのは、ごく当たり前の日常からのぞく闇の世界への入り口である。『ディス/コネクト』に登場する人物の多くは、特殊な立場にあったりヤバい世界に足を踏み入れたりしているわけではない。映画では、3つの物語が並行して描かれる。すべてに共通しているのは、ネットにつながることで何らかの問題を抱えてしまったことだ。多くの人にとってネットは日常そのものであり、闇金のように遠ざけておけるようなものではない。

(c) DISCONNECT, LLC 2013
(c) DISCONNECT, LLC 2013

第75回:一緒にクルマに乗れば、ネットよりも親密になれる『ディス/コネクト』の画像

第75回:一緒にクルマに乗れば、ネットよりも親密になれる『ディス/コネクト』の画像

第75回:一緒にクルマに乗れば、ネットよりも親密になれる『ディス/コネクト』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。