BMW i8(4WD/6AT)

その価値を探求せよ 2014.05.27 試乗記 BMW iブランドモデルの第2弾「i8」が、いよいよ公道に現れた。1.5リッター直3エンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド・スポーツカーの実力やいかに? ロサンゼルスからの第一報。

まるで生き物のよう

BMWのプラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」にアメリカ・ロサンゼルス周辺で乗ってきた。
日本でもすでに発売されている「i3」に続くiブランドの第2弾。i3が電気自動車(EV)であるのに対して、i8はプラグインハイブリッドカー(PHEV)である。
試乗前夜、マリブの丘の中腹にあるレセプション会場に置かれたi8を眺めていてまず気付いたのは、その特異なサーフェスデザインだ。プロポーションはロングノーズ・ショートデッキスタイルでクラシカルですらあるのに、各部分や表面などの造形と処理が斬新だ。

もっとも、デザイナーのダニエル・シュタルク氏に言わせると、「すべてはエアロダイナミクスのためにある」ということらしい。

例えば、リアスポイラー。僕らがよく目にするリアスポイラーはクルマのリアエンドに沿った直線状のかたちをしている。凝ったものでは一部が曲線になっていたり、3次曲面を用いたりしているが、リアエンドに沿うように据え付けられていることには変わりない。

しかし、i8は違う。2本の大きなブーメラン状のスポイラーが左右のリアエンドの角を合わせるようにして取り付けられているのだ。それらは単にスポイラーと呼ぶには随分と有機的なカタチと取り付けられ方をしている。「取り付けられる」というよりは、ルーフの一部から「生えてきている」のだ。そのルーフの一部にしても、さらに前方のAピラーを覆っているボディー表皮が伸びてきたのものなのである。

つまり、今までの常識ではボディー形状だけでは向上させることができない空力特性を改めるために、あとから取り付ける別個のパーツがスポイラーだとするならば、i8のそれはボディーの一部が伸びて最適な形状に形作られている。あと付けではない。まるで、サメやエイなどの生き物が生存に必要なために長い時間を掛けて自然の摂理に従って進化したようなカタチを身にまとっている。

このブーメラン状のスポイラーのことをBMWは「ルーフフレーム」と呼んでいて、確かにその方がしっくりくる。テールライトとリアフェンダーとの間には隙間があり、空気を効率的に吸い出すダクト効果を生み出しているという。

スリーサイズは4689×1942×1293mmと、全長は「4シリーズ クーペ」に近く、全幅は「6シリーズ クーペ」より広い。ガルウイングドアを採用。ドアを開けたとき、その頂部は1958mmに達する。
スリーサイズは4689×1942×1293mmと、全長は「4シリーズ クーペ」に近く、全幅は「6シリーズ クーペ」より広い。ガルウイングドアを採用。ドアを開けたとき、その頂部は1958mmに達する。
エクステリアデザインは多分にユニークかつ“実験的”だが、離れて眺めれば、プロポーション自体はむしろクラシックだ。ボンネット上で「V」字を描く“ブラックベルト”は、ルーフを通ってリアエンドまで続いている。
エクステリアデザインは多分にユニークかつ“実験的”だが、離れて眺めれば、プロポーション自体はむしろクラシックだ。ボンネット上で「V」字を描く“ブラックベルト”は、ルーフを通ってリアエンドまで続いている。
ボディーのCd値は0.26。1.5リッター直3ターボ(231ps)とモーター(131ps)からなるプラグインハイブリッドシステムの総出力は362psに達する。
ボディーのCd値は0.26。1.5リッター直3ターボ(231ps)とモーター(131ps)からなるプラグインハイブリッドシステムの総出力は362psに達する。
Aピラーがルーフラインを形成し、テールエンドではスポイラーとして機能する。テールライトはヘッドライトと同様に、BMW iモデルの“シグネチャー”である「U」字を描く。
Aピラーがルーフラインを形成し、テールエンドではスポイラーとして機能する。テールライトはヘッドライトと同様に、BMW iモデルの“シグネチャー”である「U」字を描く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(前編) 2016.12.1 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「BMW i8」に試乗。スーパースポーツカーの未来形は、谷口の目にどのように映っているのだろうか。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る