マセラティ・クアトロポルテS Q4(4WD/8AT)

ドライバーズサルーンの白眉 2014.05.29 試乗記 マセラティのプレミアムセダン「クアトロポルテ」。同社の歴史上初となる4WDモデル「S Q4」をテストした。

プレミアムセダンのトレンドを取り入れた

年間販売台数を2012年実績の8倍にもなる5万台まで引き上げるという野心的な目標の達成のために、マセラティは目下きわめてアグレッシブに攻めている。まずは車種ラインナップを拡大。新たにミディアムクラスセダンの「ギブリ」がデビューし、主力商品だった「クアトロポルテ」は上級移行を果たした。

今、プレミアムセダンの世界で確実にトレンドとなりつつあるフルタイム4WDモデルが充実してきていることにも注目したい。昨今のこのセグメントのモデルはいずれもハイパワー化が進み、もはや後輪駆動では賄いきれなくなっている現状や、ビジネスエクスプレスには条件を選ばない走破性がますます強く求められていること、さらには新興国需要まで考慮に入れるならば、その重要さも理解できる。

クアトロポルテとギブリに用意される、マセラティが「S Q4」と呼ぶフルタイム4WDシステムは、V型6気筒3リッター直噴ツインターボユニットと組み合わされる。最高出力410ps、最大トルク56.1kgmを発生するこのエンジンの出力はまず8段ATへと伝達され、続いてその後端に置かれた電子制御式油圧多板クラッチによって前後輪へ分配される。前後駆動力配分は0:100が基本で、ドライビングスタイルや路面状況などに応じて変化する。

興味深いのは、エンジン搭載位置をできる限り下げるために、フロントデフから左右輪に向けて伸びるドライブシャフトが、オイルサンプの中を貫通するかたちでレイアウトされていること、そしてリアには機械式LSDが装備されていることだ。総じて高い走行安定性だけでなく、自由度の高いハンドリングも志向されていることが見て取れる。

搭載されるエンジンは3リッターV6ツインターボ。410psと56.1kgmを発生する。
搭載されるエンジンは3リッターV6ツインターボ。410psと56.1kgmを発生する。
インストゥルメントパネル中央には「マセラティ・タッチコントロールシステム」と呼ばれるディスプレイが装備される。
インストゥルメントパネル中央には「マセラティ・タッチコントロールシステム」と呼ばれるディスプレイが装備される。
シートはイタリアの高級家具メーカー ポルトローナ・フラウ製となる。
シートはイタリアの高級家具メーカー ポルトローナ・フラウ製となる。
後席のレッグルームは従来モデルより105mm拡大している。
後席のレッグルームは従来モデルより105mm拡大している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る