BMWが「4シリーズ グラン クーペ」を発表

2014.05.23 自動車ニュース
「BMW 435i グラン クーペ」
「BMW 435i グラン クーペ」

BMWが「4シリーズ グラン クーペ」を発表

BMWジャパンは2014年5月21日、ミドルクラスの“4ドアクーペ”モデル「4シリーズ グラン クーペ」を発表した。6月21日に販売を開始する。

BMWジャパンのアラン・ハリス代表取締役社長。
BMWジャパンのアラン・ハリス代表取締役社長。
なだらかに下降するルーフラインが印象的。ルーフパネルは「4シリーズ クーペ」より112mm長い。
なだらかに下降するルーフラインが印象的。ルーフパネルは「4シリーズ クーペ」より112mm長い。
「435i グラン クーペ」のエンジンルーム。3リッター直6ターボは306psと40.8kgmを発生する。
「435i グラン クーペ」のエンジンルーム。3リッター直6ターボは306psと40.8kgmを発生する。
車体後部にはハッチゲートが備わる。トランク容量は480~1300リッター(VDA法)。
車体後部にはハッチゲートが備わる。トランク容量は480~1300リッター(VDA法)。
「435i グラン クーペ」のインテリア。センターコンソールがドライバーに向けてわずかに傾けられている。ドアはサッシュレス。
「435i グラン クーペ」のインテリア。センターコンソールがドライバーに向けてわずかに傾けられている。ドアはサッシュレス。

■新規顧客の獲得を狙う

4シリーズ グラン クーペは、クーペ(2ドア)とカブリオレに続く、4シリーズの第3弾モデル。商品コンセプトは「4シリーズが誇る傑出した美しさと圧倒的なダイナミズムに、4ドアモデルの優れた機能性を高次元で融合した」(プレスリリース)というもの。「BMW初のプレミアム・ミドルクラスの4ドアクーペモデル」とうたわれる。

BMWジャパンのアラン・ハリス代表取締役社長は、「4シリーズ グラン クーペは戦略的にとても重要なモデル。このセグメントはわれわれのビジネスの屋台骨だ。(グラン クーペには)単に販売台数を増やすだけでなく、新たなお客さまをBMWブランドに誘う役割もある」と語った。

ボディーサイズは全長4640×全幅1825×全高1395mm(標準仕様)。2ドアのクーペモデルと全長と全幅は同じだが、車高は12mm高められており(ルーフの一番高い部分での比較)、ルーフパネルが後方に112mm延ばされている。なだらかに下降するルーフラインと、伸びやかな印象を与えるサッシュレスのガラスエリアが、「3シリーズ セダン」とはひと味違うスマートなスタイリングを形成している。Cd値は0.29(xDriveモデルを除く)。

■エンジンはガソリンのみ3種、4WDも

ドライビングダイナミクスについては他の4シリーズと同様に、スポーティーさが一段と強調されている。前後の重量配分を約50:50とするだけでなく、ボディーのフロントセクションが強化されており、ステアリングの精度やレスポンスが高められている。これにより、クーペモデルらしい俊敏なハンドリングを実現した。また、優れた走行安定性も併せ持つという。

エンジンはガソリンのみで、2種の2リッター直4ターボ(184psと245ps)と3リッター直6ターボ(306ps)。車名は順に「420i グラン クーペ」「428i グラン クーペ」「435i グラン クーペ」となる。トランスミッションはすべて8段AT。また420i グラン クーペだけに「xDrive」と呼ばれる4WD仕様が設定される(納車は2014年9月から)。

装備面では、歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車線逸脱をドライバーに警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、車載の通信モジュールを利用して乗員の安全と車両の状態を見守る「BMW SOSコール」および「BMWテレサービス」などが標準で備わる。

すべてのモデルで標準仕様のほか、「ラグジュアリー」と「Mスポーツ」が用意される。価格は516万円(420i グラン クーペ)から803万円(435i グラン クーペ Mスポーツ)まで。

(webCG)

関連記事
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る