「水野和敏的視点」 vol.50 「BMW M235i クーペ」

2014.05.23 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.50 「BMW M235i クーペ」の画像

「水野和敏的視点」 vol.50 「BMW M235i クーペ」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「BMW M235i クーペ」の6段MT仕様である。3リッター直6エンジンをフロントに縦置きするクラシカルなFRクーペを、ミスターGT-Rはどう評価する?

 
「水野和敏的視点」 vol.50 「BMW M235i クーペ」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.50 「BMW M235i クーペ」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.50 「BMW M235i クーペ」の画像
BMW M235i クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1775×1410mm/ホイールベース:2690mm/車重:1550kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6MT/最高出力:326ps/5800rpm/最大トルク:45.9kgm/1300-4500rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)245/35R18/車両本体価格:601万円(消費税8%込み)
BMW M235i クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1775×1410mm/ホイールベース:2690mm/車重:1550kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6MT/最高出力:326ps/5800rpm/最大トルク:45.9kgm/1300-4500rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)245/35R18/車両本体価格:601万円(消費税8%込み)

■かつては日本車メーカーの十八番だったが……

前回は、BMWの先鋭的未来派モデルというべき「i3」を取り上げました。今回はそれとは対照的に、古典的な成り立ちを持つM235i クーペをテストしてみましょう。今や珍しい3リッターのストレート6を搭載したFRクーペです。

念のため復習しておきますと、以前の「3シリーズ クーペ」が「4シリーズ」と呼ばれるようになったのと同様に、かつての「1シリーズ クーペ」には新たに「2シリーズ」という名称が与えられました。

日本に導入されるのは、2リッター直4ターボエンジンと8段ATを組み合わせた「220i クーペ」の「スポーツ」(457万円)と「Mスポーツ」(481万円)。その上位モデルとして、M235i クーペが用意されます。3リッター直6ターボエンジンとペアを組むのは、3ペダル式6段MT(601万円)と8段AT(615万円)。箱根に持ち込んだのは6段MT車です。

2シリーズ クーペを目の前にして、「要するに、昔の『日産シルビア』の再来だな」という感想を持ちました。バブル時代と前後するように興隆して、いまではすっかり廃れてしまった2ドア・スポーティーカーというジャンル。そこを今、ヨーロッパのメーカーが一生懸命に掘り起こして、新型車として出てきている……。なんとも皮肉なものです。

FRの2ドアスポーツクーペを専用のプラットフォームで作り、世界に提案してみたけれど、台数が出ないために採算が合わず、撤退してしまった日本のメーカー。それに対して、プラットフォームの共用化率を極力高めて「独自の存在」として売り出してきたBMW。

「トヨタ86」にしても、結局は「スバルBRZ」との2ドアクーペというカテゴリー内での共用化にすぎません。出る数が絶対的に多いセダンやSUVシリーズと共用しているBMWと比較すれば、共用化効率には大きな差があります。かつて日本のメーカーが提案したカテゴリーなのに、今になって欧州のブランド車として出てきているわけです。まったく、もったいない!(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
M2クーペBMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る