北極イメージのジープ、2つのモデルで限定発売

2011.12.16 自動車ニュース

北極イメージのジープ、2つのモデルで限定発売

クライスラー日本は、特別仕様車「ジープ・ラングラー アンリミテッド Arctic(アークティック)」と「ジープ・チェロキー Arctic(アークティック)」を、それぞれ100台と15台の限定で2012年1月14日に発売する。

今回限定で発売される「アークティック」シリーズは、「イエティ(雪男)を探索すべく北極圏へと向かうジープ」をイメージして、内外装をドレスアップしたという特別仕様車だ。

前者は、2012年モデルの「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」がベース。エクステリアは、「ブライトホワイト」または専用色「ウィンターチル」のボディーに専用のバッジやイエティの足跡をかたどったデカールが添えられ、さらにセミグロスブラックカラーの17インチホイールなどで飾られる。インテリアについても、イエティを描き込んだ専用シートやモパー製のラバーフロアマットなどが与えられる。

主な特別装備は、以下のとおり。

【エクステリア】
・Arcticロゴバッジやデカールなどの専用デコレーション
・モパー製ブラックカラーフューエルフィラードア
・セミグロスブラックカラー17インチアルミホイール

【インテリア】
・Arcticロゴ入り専用クロスシート(フロントシートヒーター付き)
・ブルーグレーカラーインストゥルメントクラスター(イエティのイラスト入り)
・タンジェリンカラーステッチ入りの革巻きステアリングホイール、アームレスト
・モパー製Jeepロゴ入りラバーフロアマット

価格は408万円。ボディーカラーごとに、ブライトホワイトが40台、ウィンターチルは60台の限定で販売される。

もう1台の「ジープ・チェロキー アークティック」も、2012年モデルの「ジープ・チェロキー」をベースに同様のカスタマイズが施されている。
こちらのボディーカラーは、ブライトホワイトのみ。主に、以下の特別装備が与えられる。

【エクステリア】
・Arcticロゴバッジやデカールなどの専用デコレーション
・ブラックヘッドライトベゼル
・セミグロスブラックカラー16インチアルミホイール

【インテリア】
・Arcticロゴ入り専用クロスシート(フロントシートヒーター付き)
・タンジェリンカラーステッチ入りの革巻きステアリングホイール、アームレスト
・サテンシルバーのパネル類
・サブウーハー付きインフィニティ製スピーカー

価格は338万円。こちらは15台の限定となる。

(webCG 関)

「ジープ・ラングラー アンリミテッド アークティック」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド アークティック」
「ジープ・ラングラー」モデルのフェンダーに添えられる、イエティの足跡をかたどったデカール。
「ジープ・ラングラー」モデルのフェンダーに添えられる、イエティの足跡をかたどったデカール。
専用シートの背もたれには、ごらんの刺しゅうが入れられる。
専用シートの背もたれには、ごらんの刺しゅうが入れられる。
「ジープ・チェロキー アークティック」
「ジープ・チェロキー アークティック」
イエティのイラストが添えられるインストゥルメントクラスター。
イエティのイラストが添えられるインストゥルメントクラスター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る