北極イメージのジープ、2つのモデルで限定発売

2011.12.16 自動車ニュース

北極イメージのジープ、2つのモデルで限定発売

クライスラー日本は、特別仕様車「ジープ・ラングラー アンリミテッド Arctic(アークティック)」と「ジープ・チェロキー Arctic(アークティック)」を、それぞれ100台と15台の限定で2012年1月14日に発売する。

今回限定で発売される「アークティック」シリーズは、「イエティ(雪男)を探索すべく北極圏へと向かうジープ」をイメージして、内外装をドレスアップしたという特別仕様車だ。

前者は、2012年モデルの「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」がベース。エクステリアは、「ブライトホワイト」または専用色「ウィンターチル」のボディーに専用のバッジやイエティの足跡をかたどったデカールが添えられ、さらにセミグロスブラックカラーの17インチホイールなどで飾られる。インテリアについても、イエティを描き込んだ専用シートやモパー製のラバーフロアマットなどが与えられる。

主な特別装備は、以下のとおり。

【エクステリア】
・Arcticロゴバッジやデカールなどの専用デコレーション
・モパー製ブラックカラーフューエルフィラードア
・セミグロスブラックカラー17インチアルミホイール

【インテリア】
・Arcticロゴ入り専用クロスシート(フロントシートヒーター付き)
・ブルーグレーカラーインストゥルメントクラスター(イエティのイラスト入り)
・タンジェリンカラーステッチ入りの革巻きステアリングホイール、アームレスト
・モパー製Jeepロゴ入りラバーフロアマット

価格は408万円。ボディーカラーごとに、ブライトホワイトが40台、ウィンターチルは60台の限定で販売される。

もう1台の「ジープ・チェロキー アークティック」も、2012年モデルの「ジープ・チェロキー」をベースに同様のカスタマイズが施されている。
こちらのボディーカラーは、ブライトホワイトのみ。主に、以下の特別装備が与えられる。

【エクステリア】
・Arcticロゴバッジやデカールなどの専用デコレーション
・ブラックヘッドライトベゼル
・セミグロスブラックカラー16インチアルミホイール

【インテリア】
・Arcticロゴ入り専用クロスシート(フロントシートヒーター付き)
・タンジェリンカラーステッチ入りの革巻きステアリングホイール、アームレスト
・サテンシルバーのパネル類
・サブウーハー付きインフィニティ製スピーカー

価格は338万円。こちらは15台の限定となる。

(webCG 関)

「ジープ・ラングラー アンリミテッド アークティック」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド アークティック」
「ジープ・ラングラー」モデルのフェンダーに添えられる、イエティの足跡をかたどったデカール。
「ジープ・ラングラー」モデルのフェンダーに添えられる、イエティの足跡をかたどったデカール。
専用シートの背もたれには、ごらんの刺しゅうが入れられる。
専用シートの背もたれには、ごらんの刺しゅうが入れられる。
「ジープ・チェロキー アークティック」
「ジープ・チェロキー アークティック」
イエティのイラストが添えられるインストゥルメントクラスター。
イエティのイラストが添えられるインストゥルメントクラスター。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 100台限定、「フィアット500Xラウンジ」発売 2017.8.10 自動車ニュース 「フィアット500X」に100台限定の特別仕様車「ラウンジ」が登場。FFモデルの「ポップスター/ポップスタープラス」に準じたボディーに、1.4リッターターボエンジンをはじめとした、4WDモデル「クロスプラス」のパワープラントが搭載されている。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る