ポルシェが空冷モデル向けのエンジンオイル発売

2014.05.23 自動車ニュース
「ポルシェ クラシックモーターオイル」(左が20W-50、右が10W-60)。
「ポルシェ クラシックモーターオイル」(左が20W-50、右が10W-60)。

ポルシェが空冷モデル向けのエンジンオイル発売

ポルシェ ジャパンは2014年5月23日、空冷エンジンを搭載したポルシェのクラシックモデル向けに開発したエンジン用オイル「ポルシェ クラシックモーターオイル」を、5月28日に発売すると発表した。

「ポルシェ クラシックモーターオイル 20W-50」
「ポルシェ クラシックモーターオイル 20W-50」
「ポルシェ クラシックモーターオイル 10W-60」
「ポルシェ クラシックモーターオイル 10W-60」

ポルシェ クラシックモーターオイルは、独ポルシェのクラシック車両部門である「ポルシェ クラシック」と、ヴァイザッハのポルシェR&Dセンターが、ドイツのオイルメーカーとともに開発したもので、ポルシェのクラシックモデルに搭載される空冷水平対向4気筒エンジン、および6気筒エンジンへの使用を想定している。

グレードは20W-50と10W-60の2種類。前者は「356」や「914」、初期の「911」(2.7リッターまでのGモデル)に適したマルチグレードオイルで、コルク製のシールや鉛を含有するベアリングにも適合している。

一方、後者はドライサンプ潤滑方式を持つ、排気量3リッター以上の空冷水平対向エンジンを搭載した「911」に適した100%化学合成オイルである。エンジンスタート時の低温状態や、大きな負荷がかかる高温状態でも、理想的な保護性能と清浄性を発揮するという。

なおオイル缶には、ヴァイザッハのポルシェデザインスタジオが手掛けた、クラシックポルシェをモチーフとしたデザインが施されている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・20W-50(1リッター):2376円
・20W-50(5リッター):1万152円
・10W-60(1リッター):3132円
・10W-60(5リッター):1万3608円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。