アウディS1(4WD/6MT)

しなやかに速い末弟 2014.05.28 試乗記 アウディのコンパクトモデル「A1」のラインナップに、高性能な「S1」が加わった。231psを誇るスーパーミニの実力は? スウェーデンからの第一報。

いまクワトロが欠かせぬ理由

ドイツ・プレミアム御三家のなかで、引き続きその存在感を強めているアウディ。長年にわたり“不動の3位”(失礼!)に甘んじてきたフォーリングスは、2011年に初めてセールスでメルセデスを破って2位に浮上して以来、いまもその地位を守り続けている。いや、細かく見ていけば“王者”BMWとの差をジワジワと縮めているとさえいえるほどなのだ(いずれも各ブランド単体の年間販売台数で比較)。

もちろん、販売台数が多ければそれでいいという話ではなく、例えばメルセデスの「Sクラス」は相変わらずこのセグメントのトップを独走しているけれど、相対的に見てアウディの人気が高まっているのは紛れもない事実。個人的に、その理由は「デザインが都会的で洗練されている」「目に見えない部分まで手間ひまかけて作り込んでいる」「クワトロやASF(アウディ・スペース・フレーム)など、独自の技術を長年にわたって進化させ続けている」の3つにあるとにらんでいるのだが、いかがだろうか?

中でも、とりわけ重要なのがフルタイム4WDのクワトロだ。いまから30年以上も前に登場したこのテクノロジーが、そもそもオンロード用に開発されたことは皆さんもご存じだろうが、エンジンのハイパワー化が急激に進んでいる現在、その重要性はさらに高まっていると思う。

例えば、ドライ路面で後輪駆動のグリップを失わせるのに100psのエンジンパワーでは心もとないだろうが、300psだったらかなり可能性が高まる。これが500psだと、反対に2輪ではまともに走れないなんていうケースも出てくるはず。でも、4WDだったら話はまるで別で、きちんと設計されたクルマであれば500psのパワーでも余裕をもって路面に伝えることができる。つまり、クルマのスタビリティーを劇的に改善できるテクノロジーが4WDなのだ。
それは小さいクルマにとっても同じこと。いや、小さいクルマだからこそ、その恩恵に強くあずかれるともいえる。

そんな予備知識を頭の片隅に置いておきながら、まだ雪の残る3月のスウェーデンで国際試乗会が開かれた「アウディS1」のインプレッションを読み進んでいただきたい。

1980年代中盤にWRCを席巻した「S1」の名が、コンパクトスポーツモデルの車名としてよみがえった。
1980年代中盤にWRCを席巻した「S1」の名が、コンパクトスポーツモデルの車名としてよみがえった。
大胆なデザインのフロントバンパー、サイドシル、大型化されたスポイラーなどが、外観をスポーティーに演出する。
大胆なデザインのフロントバンパー、サイドシル、大型化されたスポイラーなどが、外観をスポーティーに演出する。
2リッター直4ターボエンジンは「デュアルインジェクション」(直噴にポート噴射を併用する)を採用。231psと37.7kgmを発生する。
2リッター直4ターボエンジンは「デュアルインジェクション」(直噴にポート噴射を併用する)を採用。231psと37.7kgmを発生する。
本国では多種多様なオプションがそろっており、カスタマイズの自由度の高さも「S1」の魅力となっている。この車両のルーフスポイラーは「ダブルブレード」と呼ばれるオプション。
本国では多種多様なオプションがそろっており、カスタマイズの自由度の高さも「S1」の魅力となっている。この車両のルーフスポイラーは「ダブルブレード」と呼ばれるオプション。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る