日産エクストレイル20X エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキ パッケージ”2列車(4WD/CVT)

求む、セールスポイント 2014.06.02 試乗記 フルモデルチェンジにより、時流に合ったクロスオーバーモデルに形を変えた「日産エクストレイル」。3代目となる新型は、熱い支持を受けた初代、2代目を超えることができるのか?

このカタチを選んだ理由

イチニイ3代目というよりはパッと見ほとんど別のクルマになっちゃった感アリの新型エクストレイルに関して、乗る前からアタリの予感は、あったかなかったかでいうと、なかった。気に入ってた店(笑)が、ある日いってみたら。「アレッ!?」。看板も場所も変わってないけど……みたいな。経営者か営業方針のいずれかまたは両方が、変わっちゃった?

こんどのエクストレイルがなぜこのようにリニューアルされたのかに関して筆者にわかっている情報は、主に『webCG』がそのソースである。つまり、モリグチさんの試乗記×2を読んで知った。あ、そういうことですか。なるほどね。従来路線だと、商売上、少なくともグローバルには有利ではないと判断されたと。独自路線をいくよりはトレンドに素直にのっかるほうが得策だと。

あとそう、これは日産の人からきいた話。まだカタログ落ちしていない旧型つまりディーゼルのエクストレイルを、メーカーはどうやらエコカー要員であると位置づけている。新型エクストレイルのエコカー要員が導入されるまでの、いわばツナギとして、販売が継続中。でもって、新型エクストレイルのエコカー要員はハイブリッドだそうな。あらー。2代目ディーゼルさんの移籍先をきくわけにもいかず。ていうか、中古車市場へいかれるわけですね。現役新車でいてくれるのは、あと半年間ぐらい?

今回のテスト車は、専用の外装パーツを装備した「エクストリーマーX」。「ライダー」シリーズと同じく、オーテックジャパンのカスタマイズカーである。
インテリアについては「エクストリーマーX」と標準車は基本的に共通。テスト車にはディーラーオプションのスマートルームミラーとデュアルカーペット(フロアカーペット+ラバーマット)が装備されていた。
「エクストリーマーX」の特徴であるフロントのアンダーカバーとオーバーライダー。リアのアンダーカバーともども、標準車にも「エクストリームパッケージ」という名称でオプション設定されている。
サイドアンダーカバーとマッドガード、大型フロントフォグランプなどは「エクストリーマーX」の専用品。こちらは標準車にはオプションでも用意されない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る