シボレー・コルベット クーペ(FR/6AT)

これぞヒーロー 2014.06.05 試乗記 1953年に誕生して以来7代目となる、伝統的スポーツカー「シボレー・コルベット」。ベーシックな「クーペ」のAT車を駆り、最新モデルの仕上がりを確かめた。

新しさの中に“味”

ちょうどいい湯加減の露天風呂に入っている。そういう心持ちがする。見上げれば、5月の青い空が広がっていて、風がそよそよと髪をなぶっていく。55mph(約88km/h)以下でサイドウィンドウを上げていれば、空気はそれほど乱れない。気分は男前である。私の身体は『ウルヴァリン』のヒュー・ジャックマンになっている。気分、の話であります。

2013年1月のデトロイトショーでデビューした7代目シボレー・コルベット、通称C7は、今年4月に日本で発売となった。先代C6は2005年に登場したので、8年ぶりのフルモデルチェンジということになる。従来型から受け継いだ部品は2つしかない。なにからなにまで徹底的に新しい。

とはいえ、コルベットは1953年デビューのアメリカのアイコニックなスポーツカーである。歴史と伝統がある。フレームにプラスチックパネルを貼り付けるという初代以来のボディー構造は、今回も継承されている。V8エンジンは新設計だが、排気量が6.2リッターに据え置きされていてOHVのままだし、サスペンションも、あいかわらずコイルではなくてリーフスプリングを使っている。それらがコルベットの味を間違いなく作りだしている。

ハンドステッチが随所に使われているインテリアは、クオリティーがグッと上がっている。
着座位置は低い。斜め後ろの視界はあまりよくないけれど、絶望的に悪いわけではない。スターターボタンを押してエンジンを目覚めさせると、一瞬ボディーがグラリと揺れる。大排気量アメリカンV8ならではの動きに思わずニンマリする。車重は1540kgと軽く、LT1型と呼ばれるV8は最高出力460ps、最大トルク63.6kgmを発生する。

今回のテスト車「コルベット クーペ」は、ルーフパネルを外してオープンエアモータリングが楽しめる。コルベットには別途、オープンバージョンの「コンバーチブル」もラインナップされる。
今回のテスト車「コルベット クーペ」は、ルーフパネルを外してオープンエアモータリングが楽しめる。コルベットには別途、オープンバージョンの「コンバーチブル」もラインナップされる。
ドライバーを取り囲むようなデザインのコックピット。ハンドル位置は左側に限られる。
ドライバーを取り囲むようなデザインのコックピット。ハンドル位置は左側に限られる。
カーナビは、オプション扱い。8インチのディスプレイは上下にスライド可能で、その“向こう側”は、USBコネクター付きの収納スペースとなっている。(写真をクリックすると収納部が見られます)
カーナビは、オプション扱い。8インチのディスプレイは上下にスライド可能で、その“向こう側”は、USBコネクター付きの収納スペースとなっている。(写真をクリックすると収納部が見られます)
460psを発生する6.2リッターV8。エンジンルーム後方、キャビン寄りに搭載される。ボンネットは前ヒンジの逆アリゲーターだ。
460psを発生する6.2リッターV8。エンジンルーム後方、キャビン寄りに搭載される。ボンネットは前ヒンジの逆アリゲーターだ。

シボレー・コルベット クーペ(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る