日産が“GT-R”でルマン24時間耐久レースに参戦

2014.05.26 自動車ニュース
「日産GT-R」(奥)と「NISSAN GT-R LM NISMO」(手前)。
「日産GT-R」(奥)と「NISSAN GT-R LM NISMO」(手前)。

日産が“GT-R”でルマン24時間耐久レースに参戦

日産自動車は2014年5月23日、2015年にルマン24時間耐久レースに復帰すると表明。同時に、2015年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)に、2台のLMP1(ルマン・プロトタイプ1)マシンと共にワークス体制で参戦すると発表した。

 

日産は、1986年にルマンに初参戦。以来、中断を挟んで1999年まで挑戦を続け、1998年にはオール日本人ドライバーによる初の3位入賞も果たしている。2015年の参戦が実現すれば、同社にとってじつに16年ぶりのルマン最高峰カテゴリーへの復帰となる。

投入するマシンの名称は、同社のフラッグシップスポーツモデルである「日産GT-R」にあやかって「NISSAN GT-R LM NISMO」と命名。車両の開発スタッフやチームのクルーなどは、日本、米国、ヨーロッパから集まるメンバーで構成するという。

また、ドライバーについては現在検討を続けており、決定し次第発表する予定。NISSAN GT-R LM NISMOのお披露目の日程や仕様の詳細についても、今後発表するとしている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。