アルファ、新デザインの「ジュリエッタ」を発表

2014.05.27 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スポルティーバ」
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スポルティーバ」

アルファ・ロメオが、新デザインの「ジュリエッタ」を発表

フィアット クライスラー ジャパンは2014年5月27日、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に一部改良を実施し、同年6月7日に発売すると発表した。

こちらはベーシックグレードと位置付けられる「ジュリエッタ スプリント」。
こちらはベーシックグレードと位置付けられる「ジュリエッタ スプリント」。

■内外装をリフレッシュ

今回の改良は、内外装の変更とラインナップの刷新が主な内容となっている。内外装に関しては、エクステリアでは新デザインのフロントグリルを採用したほか、フロントフォグランプベゼルをクロムに変更。また、ボディーカラーに「ムーンホワイト(メタリック)」を追加した。

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルを中心に一部のデザインや各種スイッチ類のレイアウトなどを変更。アルファ・ロメオの盾型グリルを模したという、新デザインのステアリングホイールを採用した。

機能装備の強化も図っており、TPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)とローンチコントロール機能を標準装備している。

■ラインナップを2種類に整理

ラインナップも大幅な見直しをはかっており、ベーシックな「スプリント」と上級仕様の「スポルティーバ」のみにグレードを整理。前者はバイキセノンヘッドライトやパドルシフト、17インチホイールを標準で採用するなど、機能装備を強化しながらも、従来モデルより低い価格設定を実現した。

一方、スポルティーバも新デザインのレザー/アルカンターラシートを標準装備するなどの改良を受けつつ、従来のスポルティーバやコンペティツィオーネより低価格となっている。

なお、パワーユニットは両グレードとも1.4リッター直4ターボと「アルファTCT」と呼ばれるデュアルクラッチ式ATの組み合わせとなっており、1.75リッターのターボエンジンを搭載した高性能モデルはカタログ落ちすることとなった。

価格は以下の通り。
・ジュリエッタ スプリント:311万400円
・ジュリエッタ スポルティーバ:352万800円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る