MINIの主役は「ロードスター」【デトロイトショー2012】

2011.12.16 自動車ニュース
MINIの主役は「ロードスター」【デトロイトショー2012】

【デトロイトショー2012】MINIの主役は「ロードスター」

独BMWは、2012年1月9日に開幕する北米国際オートショー(通称デトロイトショー)に、MINI初の2シーターオープンモデル「ロードスター」を出展する。


MINIの主役は「ロードスター」【デトロイトショー2012】

「ロードスター」の登場により、MINIブランドは6種類の車型をそろえることになる。すでに存在するオープンモデル「コンバーチブル」との違いは、あちらが4シーターであるのに対し、こちらは2シーターとなるところ。小さなボディーでありながら、リアデッキを持つ3ボックススタイルを実現している。また、Aピラーを寝かせ、全高をコンバーチブルよりも20mm低くすることで、スタイリングはよりスポーティーな雰囲気が強められている。

エンジンは1.6リッター直4自然吸気から2リッター直4ディーゼルターボまで、「MINIクーペ」と同じ4タイプが用意される。その中には、200psオーバーの「ジョンクーパーワークス」も含まれている。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る