第349回:【Movie】ポーランド「ちょっと懐かしカー」ウォッチング

2014.05.30 エッセイ

わずか2年で消えた!? 懐かしカー

最近までイタリアのニュースヘッドラインは、毎日のように欧州連合(EU)加盟国でつくる欧州議会選挙で占められていた。
日本でEUというと、いまだにドイツ、イギリス、フランスといったところを真っ先に思い浮かべるが、ポーランドもEU入りしてはや10年を迎える。2011年に本欄で「この街は今が『3丁目の夕日』だ!」と題してポーランドの自動車風景をお伝えした。そしてボクは昨2013年夏ふたたび同地の土を踏んだ。

するとどうだ、わずか2年の間に、ワルシャワの街を走るクルマは立派なモデルが増えていた。知人の若者は「ちょっと小さいクルマなので、窮屈な思いをさせて悪いな」と言いながら「ホンダ・レジェンド」でやってきた。

今回初めて地方へと足を伸ばしたが、西欧諸国もびっくりの広い高速道路が続く。それも無料だ。すべてのクルマには、ナンバープレートのほか、車両認識を容易にするホログラム入りステッカーが貼られている。イタリアも導入しようとしているものの、いまだ実現に至っていない最新システムである。

豊かさの背景は、ポーランドの2013年乗用車生産台数を見ればわかった。その数約55万台。フィアット、フォルクスワーゲン、オペル、フォードといった外国ブランドの生産によるものだが、イタリアの34万台を軽く凌駕(りょうが)しているのだ。

いっぽうで、EU入りして間もない頃から普及したモデルや、それ以前の社会主義時代の面影を残すクルマは、以前よりさらに路上から姿を消しつつある。もっとも印象的だったのは、動画の最後で紹介している、旧東ドイツ車「トラバント」であった。もはや実用車ではなく、限りなくオブジェに近い扱いだ。

そして、往年のポーランド製国民車は、すでにヒストリックコレクションのミニカーとして販売されている。前述の知人は、ボクがコテコテの社会主義時代におけるポーランド製国民車「シレーナ」について言及すると、「古いモノ知ってるな」という顔で爆笑した。

時代は流れる。

間もなく「ちょっと懐かしカー」たちは、永久に見られなくなってしまう。「誰かがそれを、やらねばならぬ」という、『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌が頭をうずまいたボクが思わず撮影したのが、今回の動画である。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

大矢アキオのポーランド「ちょっと懐かしカー」ウォッチング

(動画撮影&編集=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/2013年7月撮影)

今回も、社会主義時代にスターリンから贈られた「科学文化宮殿」前からウォッチングに出発。手前は、かつてのキア製高級車「オピルス」だ。
信号待ちにて。最新のボルボの向こうには「レクサスLS600h」。
今日、ポーランドで登録されたすべての自動車に貼り付けられているステッカー。各種電子デバイスによる認識を容易にする。
フランス製「トヨタ・ヤリス(日本名:ヴィッツ)」の教習車。ピョートルクフ・トルィブナルスキにて。
青空市場の出店者が乗りつけた「ポロネーズ」。ナンバープレートはEU規格が導入される以前のものである。
夜のワルシャワ。新興国として、成長継続の香りが漂う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。