メルセデスから新型SUVの「GLAクラス」が登場

2014.05.29 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLAクラス」と、メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長の上野金太郎氏(左)、代表取締役副社長のマーク・ボデルケ氏(右)。
「メルセデス・ベンツGLAクラス」と、メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長の上野金太郎氏(左)、代表取締役副社長のマーク・ボデルケ氏(右)。
    拡大

メルセデス・ベンツから新型SUVの「GLAクラス」が登場

メルセデス・ベンツ日本は2014年5月29日、新型SUVの「GLAクラス」を発売した。

「GLA250 4MATICスポーツ」
「GLA250 4MATICスポーツ」
    拡大
「GLA45 AMG 4MATICエディション1」
「GLA45 AMG 4MATICエディション1」
    拡大
「GLAクラス」のインパネまわり。基本的な設計は「Aクラス」や「CLAクラス」のものを踏襲している。
「GLAクラス」のインパネまわり。基本的な設計は「Aクラス」や「CLAクラス」のものを踏襲している。
    拡大
シートは、後席の中央を除く全席に、背もたれと一体型のヘッドレストを装備。
シートは、後席の中央を除く全席に、背もたれと一体型のヘッドレストを装備。 拡大
「GLA250 4MATIC」の2リッター直4直噴ターボエンジン。
「GLA250 4MATIC」の2リッター直4直噴ターボエンジン。
    拡大
「GLA250」と「GLA45 AMG」は、いずれも4WD車のみの設定となる。
「GLA250」と「GLA45 AMG」は、いずれも4WD車のみの設定となる。
    拡大
「GLAクラス」は任天堂のゲームソフト「スーパーマリオ」シリーズとコラボレーション。発表会には、赤い帽子とオーバーオールでおなじみのマリオ氏も駆け付けた。
「GLAクラス」は任天堂のゲームソフト「スーパーマリオ」シリーズとコラボレーション。発表会には、赤い帽子とオーバーオールでおなじみのマリオ氏も駆け付けた。
    拡大

■メルセデス・ベンツのSUVでは最もコンパクト

GLAクラスは、「Aクラス」などに用いられるFF車用のプラットフォームをベースに開発された、新型SUVである。メルセデス・ベンツのSUVとしては「Gクラス」「Mクラス」「GLクラス」「GLKクラス」に続く5番目の、また最もコンパクトなボディーを持つモデルとなる。

エクステリアデザインは、ボンネットのパワードームやボディーサイドを走る2本のプレスライン、クーペを思わせるガラスエリアの意匠などを特徴としており、ダークグレーのエクステンションやアンダーガードなどでSUVらしさを表現しつつ、Cd値を0.29に抑えるなど空力性能も考慮している。

パワーユニットは全3種類で、1.6リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「GLA180」と、2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「GLA250 4MATIC」には、標準モデルと「Sports(スポーツ)」「Off-road(オフロード)」の3つの仕様を用意している。この内、「GLA180オフロード」と「GLA250 4MATICオフロード」には、グラウンドクリアランスを確保し、スプリングをよりソフトな設定とした「オフロードコンフォートサスペンション」を採用している。

また、最高出力360ps、最大トルク45.9kgmを発生する高性能モデル「GLA45 AMG 4MATIC」もラインナップしている。

■FFベースの可変トルク配分式4WDを採用

駆動方式はFFと4WDの2種類で、グレード名にも表れている通り「GLA180」には前者を、「GLA250 4MATIC」「GLA45 AMG 4MATIC」には後者を採用。4WDシステムはエンジン横置きのFFをベースとした可変トルク配分式となっている。

このシステムは、通常はほぼ100%前輪駆動で走行し、状況に応じて後輪にトルクを配分するというもの。オフロードや雪道などで高い操縦性と走行安定性を確保するほか、オンロードでもコーナリング時に積極的に後輪を駆動し、俊敏なハンドリングと高い安定性を実現するという。また4WD車には、急勾配の下り坂を走る際に、アクセルとブレーキを自動制御して車速を自動調整する「DSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)」や、ステアリングの舵角(だかく)、登坂角、車両傾斜角、方角をCOMANDディスプレイに表示する「オフロードスクリーン」を装備している。

■充実した安全装備も特徴

安全に関する装備も充実しており、長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を検知して注意を促す「アテンションアシスト」や「CPAプラス(緊急ブレーキ機能)」、駐車時などに重宝する「パーキングアシストリアビューカメラ」を全車に搭載。縦列駐車や並列駐車時にステアリング操作を自動で行う「アクティブパーキングアシスト」も、GLA180を除く全グレードに採用している(GLA180にはパッケージオプションとして設定)。

また、セットオプションとして安全運転支援システムの「レーダーセーフティパッケージ」を全車に用意。このパッケージは全車速追従型クルーズコントロールシステムの「ディストロニック・プラス」や、車両左右後方の死角を監視する「ブラインドスポットアシスト」などからなるもので、GLA45 AMG 4MATICでは標準装備となる。

ハンドル位置は全モデルとも右のみ。GLA180の全モデルとGLA250 4MATICオフロード、GLA45 AMG 4MATICについては、秋以降の納車を予定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

・GLA180:344万円
・GLA180スポーツ:399万円
・GLA180オフロード:399万円
・GLA250 4MATIC:459万円
・GLA250 4MATICスポーツ:499万円
・GLA250 4MATICオフロード:499万円
・GLA45 AMG 4MATIC:730万2000円

(webCG)
 

関連キーワード:
GLAメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」に試乗。充実の先進装備やトレンドに沿ったエクステリアに目が行きがちだが、その土台はメルセデスの伝統にのっとった“いいクルマ”らしさにあふれていた。中間グレードの「GLA220 4MATIC」に乗った。
  • メルセデスAMG GLA45 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.29 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」のマイナーチェンジに合わせて、ホットモデルの「AMG GLA45 4MATIC」も最新型へと進化。主な変更点である外装デザインの確認も早々に、リポーターは雨中のドライブに出発。その運動性能をつぶさにチェックした。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
ホームへ戻る