メルセデス「Eクラス」に専用内装の特別仕様車

2014.05.29 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツE250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」
「メルセデス・ベンツE250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」

「メルセデス・ベンツEクラス」に1周年記念の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2014年5月28日、「Eクラス」のセダンとステーションワゴンに特別仕様車「E250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」を設定し、販売を開始した。

 
メルセデス「Eクラス」に専用内装の特別仕様車の画像

今回の特別仕様車は、現行型Eクラスが2013年5月の発売から1年を経たのに合わせて設定したもので、特別なインテリアの仕立てや充実した機能装備などが特徴となっている。

ベースとなったのは2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「E250アバンギャルド」で、インテリアにマット調の専用ブラウンアッシュウッドトリムを採用したほか、前後席ともにヒーターを内蔵した本革シートを装備している。

また、車両周囲の状況を4つのカメラによって確認できる「360°カメラシステム」も標準で備える。

色はボディーカラーがダイヤモンドホワイト、インテリアカラーがブラックの組み合わせ。セダンが300台、ステーションワゴンが200台の限定販売となる。

価格はセダンが699万円、ステーションワゴンが735万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る