V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開

2014.05.30 自動車ニュース
「フライングスパー V8」
「フライングスパー V8」

V8エンジン搭載の「ベントレー・フライングスパー」日本初公開

ベントレーの正規ディーラー、コーンズ・モータースは2014年5月30日、V8エンジンを搭載した「フライングスパー V8」を日本初公開した。

 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。

「フライングスパー V8」は、これまでW12エンジン搭載モデルのみであった「フライングスパー」に、4リッターV8エンジンを搭載したモデルで、同年3月に開催されたジュネーブショー2014にて公開された。

搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、「コンチネンタルGT V8」に搭載されるものと同じく、最高出力507ps/6000rpm、最大トルク67.3kgm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わされ、0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は295km/hに達する。

価格は1890万円と、W12モデルよりも約455万円安く設定されている。
受注はすでに始まっており、今秋にはデリバリーが開始される予定だ。

(工藤考浩)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表 2017.6.14 自動車ニュース 独BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表した。既存の「5シリーズ グランツーリスモ」の後継を担う大型の5ドアハッチバックモデルであり、2017年9月に開催されるフランクフルトショーにおいて世界初公開される。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
ホームへ戻る