V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開

2014.05.30 自動車ニュース
「フライングスパー V8」
「フライングスパー V8」 拡大

V8エンジン搭載の「ベントレー・フライングスパー」日本初公開

ベントレーの正規ディーラー、コーンズ・モータースは2014年5月30日、V8エンジンを搭載した「フライングスパー V8」を日本初公開した。

 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。 拡大
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。 拡大

「フライングスパー V8」は、これまでW12エンジン搭載モデルのみであった「フライングスパー」に、4リッターV8エンジンを搭載したモデルで、同年3月に開催されたジュネーブショー2014にて公開された。

搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、「コンチネンタルGT V8」に搭載されるものと同じく、最高出力507ps/6000rpm、最大トルク67.3kgm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わされ、0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は295km/hに達する。

価格は1890万円と、W12モデルよりも約455万円安く設定されている。
受注はすでに始まっており、今秋にはデリバリーが開始される予定だ。

(工藤考浩)

関連キーワード:
フライングスパーベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • 高級SUV「ロールス・ロイス・カリナン」日本上陸 2018.6.11 自動車ニュース ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」が日本上陸。3ボックスタイプの“全地形対応型ハイボディー”が特徴の同車には、独立型の後席を持つ4人乗り仕様と、ベンチシートの5人乗り仕様がラインナップされる。
ホームへ戻る