V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開

2014.05.30 自動車ニュース
「フライングスパー V8」
「フライングスパー V8」

V8エンジン搭載の「ベントレー・フライングスパー」日本初公開

ベントレーの正規ディーラー、コーンズ・モータースは2014年5月30日、V8エンジンを搭載した「フライングスパー V8」を日本初公開した。

 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。

「フライングスパー V8」は、これまでW12エンジン搭載モデルのみであった「フライングスパー」に、4リッターV8エンジンを搭載したモデルで、同年3月に開催されたジュネーブショー2014にて公開された。

搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、「コンチネンタルGT V8」に搭載されるものと同じく、最高出力507ps/6000rpm、最大トルク67.3kgm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わされ、0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は295km/hに達する。

価格は1890万円と、W12モデルよりも約455万円安く設定されている。
受注はすでに始まっており、今秋にはデリバリーが開始される予定だ。

(工藤考浩)

関連キーワード:
フライングスパーベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ベントレー/ブガッティ) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、ベントレーは新型「コンチネンタルGT」を出展した。ブラッシュアップされたW12エンジンは、最高出力が635ps、最大トルクは900Nmに達している。1500psを誇るブガッティの「シロン」とともに写真で紹介する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
ホームへ戻る