ランドローバー・ディスカバリーHSE(4WD/8AT)

熟成の極み 2014.06.09 試乗記 ランドローバーの代表的オフロードモデル「ディスカバリー」が、マイナーチェンジ。新たなエンジンやトランスミッションを得た、最新モデルの走り、そして乗り心地をリポートする。

待ち望まれたリファイン

現在のディスカバリー(以下ディスコ)は2009年に“3”の大幅改良版として登場した4世代目となる。そのモトとなった3代目ディスコの登場は2005年。現行「フリーランダー」の登場が2006年だから、日本に正規輸入されるランドローバーとしては、これが最古参の基本骨格設計を持つ……ということもできる。

すでに次期ディスコといわれるコンセプトカーやスクープ情報も出はじめていて、来年にはその新しいディスコシリーズの市販型がデビューする予定。……といった周辺情報を考えるに、2014年モデルとして発売されたこのクルマは、4代目ディスコとしてはほぼ最終進化型になるのだろう。まさに「熟成きわまる」というべきだろうが、実はモデル末期といえる2014年モデルで、4代目ディスコは最大の変更を受けた。

最大のメダマは、エンジンの刷新である。日本仕様の歴代ディスコはずっとV8ガソリンを搭載していたが、ついに最新のV6機械過給エンジンに交代となった。このダウンサイジングエンジンはすでに兄貴分のレンジローバー系に搭載済みだったので、まあ予想どおりの展開ではある。
ただ、欧州でのディスコを見ても分かるように、このクルマは6気筒ディーゼルを積むのが本来の姿。これまでの彼らがほかに適切なガソリンエンジンを持たなかったという現実を差し引いても、ディスコに5リッターV8とは、性能面でもパッケージでも税制面でも過剰感は否めなかった。V6ガソリンの投入は、個人的にはレンジローバー系より、ディスコのほうが待ち遠しかった朗報と思う。

新エンジンにともなってトランスミッションも6ATから最新の8ATになり、同時にシフトセレクターはジャガー由来のダイヤル式に変更、さらに世界のディスコユーザーの90%以上にとって無用の長物(!?)だった副変速機もオプション扱いとなった(トランスファーそのものは残っている)。

日本では2009年にデビューした4世代目の「ディスカバリー」。2013年のマイナーチェンジにともない、エンジンやトランスミッションが変更された。
日本では2009年にデビューした4世代目の「ディスカバリー」。2013年のマイナーチェンジにともない、エンジンやトランスミッションが変更された。
高効率がうたわれる、スーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジン。JC08モードの燃費値は7.4km/リッター。
高効率がうたわれる、スーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジン。JC08モードの燃費値は7.4km/リッター。
室内の様子。アイボリーやブラックのインテリアカラーを基本に、ウッドやメタルのパネル類を生かした多用なコーディネートが可能となっている。
室内の様子。アイボリーやブラックのインテリアカラーを基本に、ウッドやメタルのパネル類を生かした多用なコーディネートが可能となっている。
メーターはアナログ式の2眼タイプ。その間に、インフォメーションディスプレイがレイアウトされる。ステアリングホイールのスポーク部には、シフトパドルも備わる。
メーターはアナログ式の2眼タイプ。その間に、インフォメーションディスプレイがレイアウトされる。ステアリングホイールのスポーク部には、シフトパドルも備わる。
シフトセレクターは、一部のジャガー車にも採用されるダイヤル式のものに変更された。一方、走行モードの選択機能「テレインレスポンス」のスイッチは、これまでのダイヤル式からボタン式に。
シフトセレクターは、一部のジャガー車にも採用されるダイヤル式のものに変更された。一方、走行モードの選択機能「テレインレスポンス」のスイッチは、これまでのダイヤル式からボタン式に。
関連記事 ホームへ戻る