トヨタ・ヴォクシー ハイブリッドV 7人乗り(FF/CVT)

主役は遅れてやってきた 2014.06.10 試乗記 ありそうでなかった、「ノア/ヴォクシー」のハイブリッドモデル。先ほど新たに加わったハイブリッド仕様は、ベストセラーミニバンの“足どり”をどう変える? ヴォクシー ハイブリッドの最上級グレード「V」に試乗した。

今までなかった不思議

軽自動車とともにニッポンの景色の一部と言えるほどに浸透したミニバン。今では大きいのも小さいのもあるが、ちょっと前までミニバンといえば、全幅5ナンバー枠目いっぱいサイズがほとんどだった。そのクラスは今でも激戦区。「日産セレナ」「ホンダ・ステップワゴン」そして「トヨタ・ノア/ヴォクシー」が激しい競争を繰り広げる。

ここのところ(ノア/ヴォクシーを1モデルと数えると)3モデルの中ではセレナに勢いがある。現行型の途中で、回生したエネルギーをためこむバッテリーを追加した「Sハイブリッド」モデルを追加するなどし、息の長いヒットを続ける。そこに待ったをかけるべく、今回ノア/ヴォクシーがモデルチェンジした。最大のトピックはハイブリッドモデルの追加。考えてみれば、パイオニアであるトヨタの売れ筋ミニバンにハイブリッドがなかったことが不思議だ。何はともあれ、ヴォクシーのハイブリッドで東京~箱根を往復した。

このクラスのミニバンは5ナンバー枠目いっぱいで作られているので、シルエットはほぼ箱。デザインといえば顔つきくらいか。ノアとヴォクシーのうち、ノアは優しい顔つき、ヴォクシーは厳(いか)つい顔つきというのが歴代に通じる特徴で、それは新型でも踏襲された。歴代、なぜかだいたいヴォクシーのほうが売れるんだよなぁ。

トヨタによれば、この「ヴォクシー」では「“毒気”のあるカッコよさ」を、兄弟車の「ノア」では「ミニバンの王道をいく“堂々感”」を表現しているという。
トヨタによれば、この「ヴォクシー」では「“毒気”のあるカッコよさ」を、兄弟車の「ノア」では「ミニバンの王道をいく“堂々感”」を表現しているという。
基本的に「プリウス」と同じ、1.8リッターのアトキンソンサイクルエンジンを中心に構成されるハイブリッドシステムが搭載される。JC08モード燃費は23.8km/リッター。
基本的に「プリウス」と同じ、1.8リッターのアトキンソンサイクルエンジンを中心に構成されるハイブリッドシステムが搭載される。JC08モード燃費は23.8km/リッター。
新開発の低床フラットフロアの採用により、全高を1825mm(従来型比-25mm)に抑えながら、1400mmという室内高(同+60mm)を実現した。大きく開くスライドドア(スライド量は805mm)も自慢。
新開発の低床フラットフロアの採用により、全高を1825mm(従来型比-25mm)に抑えながら、1400mmという室内高(同+60mm)を実現した。大きく開くスライドドア(スライド量は805mm)も自慢。
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る