第76回:速くて高いクルマが激走! クラッシュ!! 炎上!!!
『ニード・フォー・スピード』

2014.06.05 エッセイ

『ワイルド・スピード』はどうなる?

ポール・ウォーカー亡き後、クルマ映画はどうなってしまうのか。昨年11月30日に彼が交通事故で命を落とし、『ワイルド・スピード』シリーズの今後が心配されていた。撮影中だった次作は、ポールの弟ふたりが代役を務めることでなんとか完成させることになった。ポールの演じていたブライアン・オコナーは裏稼業をリタイアするという設定にして、シリーズは続行させていくことも決まったようだ。

「GT-R」マニアのポールが欠けてしまうということは、わずかに残っていた日本車リスペクトの気分も完全に失われてしまうことになるのだろう。ヴィン・ディーゼルとドウェイン・ジョンソンの筋肉バトルを前面に出し、マッチョ路線を純化していくことになるのかもしれない。いずれにしても、あのシリーズは初期の手作り感が消えうせ、大がかりな陰謀を描くことにクルマよりも力点が置かれるようになっていた。

そんな状況だからこそ、『ニード・フォー・スピード』は新鮮だ。バカッ速いクルマがいっぱい登場して、バトルしてぶつかって燃え上がる。何も考えずに口を開けて「スゲー……!」と感心しているうちに、あっという間に2時間11分が過ぎてしまう。映画が終わった後に、あれこれ思い悩んだり考え込んだりすることはない。スピードに興奮し、爆音に酔いしれる。それだけ。混ぜ物の一切ない潔さは、感動的ですらある。

©2014 Dream Works ll. Distribution Co. All Rights Reserved.

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。