第240回:日産がルマンの最高峰に復帰!
カムバックの舞台裏と気になる参戦マシンの姿を探る

2014.06.05 エッセイ

日産自動車が、ルマン24時間耐久レースの最高峰カテゴリーに復帰すると発表した。16年ぶりの挑戦を決断した日産の真意とは?

日産、突如のカムバック宣言

それは突然の発表だった。
近年、ルマン24時間を主催するACO(フランス西部自動車クラブ)はことあるごとに日本からの新規エントリーを示唆していたが、1社でも多くのワークス参戦を引き出したいACOにしてみれば、かつてマツダ、日産、トヨタ、ホンダなどがサルテ・サーキットに挑んだ日本車メーカーに期待を寄せるのは当然のこと。実際、水面下ではさまざまな交渉が継続的に行われているようだが、ACOのコメントは常に希望的観測を多く含んだもので、簡単にはうのみにできなかった。つまり、彼らが折に触れて「近々日本車メーカーがルマン24時間に新規参戦を開始する」と主張しても、われわれは眉に唾をつけながら聞くしかなかったのである。

とはいえ、今回の発表は本物である。日産のCPLO(Chief Planning Officer)であるアンディ・パーマー氏、ニスモの宮谷正一社長、およびニスモ・グローバル・ヘッド・オブ・ブランド マーケティング&セールスのダレン・コックス氏の3人が出席しての発表会は、5月23日にイギリス・ロンドンで行われた。彼らの“参戦宣言”は同日公開されたYouTubeでも閲覧することができる。ここでは、すでに発表されている内容をもとに、2015年から始まる日産のLMP1挑戦についてその概要を推測してみることにしたい。

「日産GT-R」と「日産GT-R LM NISMO」。
「日産GT-R」と「日産GT-R LM NISMO」。
2012年のルマン24時間耐久レースに、特別枠のガレージ56枠から参戦した日産の「デルタウイング」。賞典外ではあるが、日産にとって久々のルマン復帰となった。
2012年のルマン24時間耐久レースに、特別枠のガレージ56枠から参戦した日産の「デルタウイング」。賞典外ではあるが、日産にとって久々のルマン復帰となった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ