第350回:空気を読めよ!? ミラノとボローニャでモーターショー(ほぼ)同時開催

2014.06.06 エッセイ

ミラノショー誕生に続き、ボローニャ復活!

2014年冬イタリアでは、ほぼ同時期にミラノとボローニャでモーターショーが、別々の主催者によって開催されるという、前代未聞の展開になりそうだ。

筆者が本欄でお伝えしたように、2013年10月、イタリア唯一の国際自動車ショーだった「ボローニャモーターショー」は、出展者の数が見込めないことを理由に中止を発表した。それは開催2カ月前のことだった。

ところがその発表から1カ月後の11月、「2014年冬にミラノで自動車ショーを開催。12月13日から21日まで一般公開」との発表が行われた。場所は、毎年春に家具ショー「サローネ・ディ・モービレ」が開催されることで知られる郊外・ローの見本市会場である。
ショーの名前は「ミラノオートショー」。計画の旗振り役は、アルフレード・カッツォラ氏(64歳)だ。何を隠そう、彼は元ボローニャショーのオーガナイザーである。1980年代初頭に出身地ボローニャでイベント会社を設立。すでに1976年からスタートしていたボローニャショーの開催権を継承した彼は、自社をフランスのGLイベンツ社に売却する2007年まで同ショーを仕切ってきた。 
カッツォラ氏によると、ミラノオートショーでは、ボローニャショーで長年人気を集めた仮設サーキットを設営するという。またリリースでは、「ミラノは国際的な知名度だけでなく、美と流行を占うアイコン的存在。そして都市交通を考える場所という観点からも相応しい」と力説した。

話にはさらなる続きがあった。2014年1月、今度はボローニャを主催してきたGLイベンツ社もショー復活を正式に宣言したのである。一般公開日は12月6日から14日だ。毎年12月8日の祝日を会期に含めるという、従来のボローニャショー会期にしたがった形である。
「リジェネレーション」というサブネームを付与すると同時に、ボローニャはイタリア自動車産業にとって欠かせない歴史的エリアで、イタリア半島の南北からアクセスしやすいこと、イタリアで唯一OICA(国際自動車工業連合会)公認のショーであることをあらためてうたっている。

2012年ボローニャモーターショーの会場風景。衛星テレビが元F1ドライバー、ジャンカルロ・フィジケラをインタビューする。
2012年ボローニャモーターショーの会場風景。衛星テレビが元F1ドライバー、ジャンカルロ・フィジケラをインタビューする。
ボローニャショーの売り物だった仮設サーキットは、ミラノオートショーでも開設される計画だ。
ボローニャショーの売り物だった仮設サーキットは、ミラノオートショーでも開設される計画だ。
ボローニャショーは、コンパニオンの充実度では群を抜いていた(大矢アキオ調べ)。これはルノーのブース。
ボローニャショーは、コンパニオンの充実度では群を抜いていた(大矢アキオ調べ)。これはルノーのブース。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。