「パサートヴァリアントR-Line Edition」発売

2014.06.03 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR-Line Edition」
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR-Line Edition」
    拡大

「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR-Line Edition」発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年6月3日、ワゴン「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」の特別仕様車「パサートヴァリアントR-Line Edition(アールライン エディション)」を発売した。

 

パサートヴァリアントのR-Line Editionは、専用のエアロパーツやスポーツシートなど、スポーティーな内外装を特徴とする特別仕様車。

具体的には、以下の特別装備が与えられる。

【エクステリア】
・R-Line専用フロント/リアバンパー
・R-Line専用サイドスカート
・R-Line専用フロントエンブレム(グリル)
・R-Line専用リアスポイラー
・R-Line専用17インチアルミホイール
・リアダークティンテッドガラス

【インテリア】
・R-Line専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール
・R-Line専用デコラティブパネル(タングステンシルバー)
・R-Line専用アルミ調ペダルクラスター
・R-Line専用ドアシルプレート(「R」ロゴ入り)
・R-Line専用ファブリックシート(「R」ロゴ刺しゅう入り)

足まわりが、スポーツサスペンションで強化されているのも特徴。1.4リッター直4ターボエンジンのアウトプット(122ps、20.4kgm)や燃費性能(17.6km/リッター)などについては、ノーマルのパサートヴァリアントとの違いはない。

ボディーカラーは、トルネードレッド(新規設定色)、キャンディーホワイト、リフレックスシルバーメタリック、ナイトブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクトの全5色で、価格は349万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る