MINIクーパー(FF/6AT)

マニア心がそそられる 2014.06.11 試乗記 いまやBMWにとって欠くべからざる存在となった「MINI」が、3代目にフルモデルチェンジ。世界的な人気を誇るプレミアムコンパクトは、どのような進化を遂げたのか。

売れすぎてゴメンナサイ

ローバー時代のクラシックミニを別にすれば、BMW製のMINIはある意味で、今回が初の本格的なフルモデルチェンジといっていい。

先代の2代目は初代のデビューからわずか5年で登場した。当時はまだ初代が売れに売れまくっており、「早すぎ!?」との声も聞かれた。じつは2代目へのモデルチェンジの理由は、ひとつに歩行者保護などの安全対策もあったが、最大の理由は「売れすぎたからなんです」と、当時のBMWジャパンの某氏は語っていた。
BMWは当初、MINIを「年間10万台」のニッチモデルとして、それに最適化して企画・設計・開発を行った。初代のエンジンが、わざわざ大西洋をわたってオックスフォード工場に運び込まれていたのも、当時のBMWには適切な横置き用小排気量4気筒エンジンがなく、しかし年間10万台のために新規開発するのも非効率……だったからである。

しかし、初代はBMWの予想をはるかに上回るヒット作となり、市場はまたたく間に年間20万台以上の規模にまで膨れ上がった。そうなると、年間10万台で最適化されたコンポーネントや部品の供給システム、車体設計、生産システム設計では利益が出ない。
ほとんど新旧区別がつかないほど酷似した2代目へのモデルチェンジは「年間20万台、あるいはそれ以上の規模でも、効率的に生産して適切な利益を得る」ことが主眼だった。だから売れまくっていた初代の基本パッケージも変えず、初代の魅力はほぼそのままだったが、いくつかの弱点も残っていたのだ。

というわけで、今回は正真正銘のフルモデルチェンジである。延長されたホイールベースのみならず、レイアウトはあらためてゼロから構築されており、今後出てくる「ONE」を含めて、エンジンもすべて新しいのはご承知のとおりだ。
そんな3代目は、良くも悪くも「普通化」した部分があるいっぽうで、らしさをより「先鋭化」した部分が共存したクルマである。

7年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した3代目「MINI」。2013年の東京モーターショーで世界初公開され、日本では2014年4月に発売された。
7年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した3代目「MINI」。2013年の東京モーターショーで世界初公開され、日本では2014年4月に発売された。
ボディーサイズは、全高は2代目と同じだが、全長は95mm、全幅は40mm拡大。ホイールベースも30mm長くなっている。
ボディーサイズは、全高は2代目と同じだが、全長は95mm、全幅は40mm拡大。ホイールベースも30mm長くなっている。
メーターやインパネ中央のモニター画面、エアコンの吹き出し口など、各部に丸いデザインをあしらった特徴的なインテリア。5種類の加飾パネルが用意されるなど、オーナーの好みに応じたアレンジが可能となっている。
メーターやインパネ中央のモニター画面、エアコンの吹き出し口など、各部に丸いデザインをあしらった特徴的なインテリア。5種類の加飾パネルが用意されるなど、オーナーの好みに応じたアレンジが可能となっている。
「クーパー」「クーパーS」とも、オプションで光軸を自動制御する「アダプティブ・ヘッドライト」を設定。よく見ると、レンズの脇には「MINI」のロゴがあしらわれている。
「クーパー」「クーパーS」とも、オプションで光軸を自動制御する「アダプティブ・ヘッドライト」を設定。よく見ると、レンズの脇には「MINI」のロゴがあしらわれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る