独アウディ「RS 7」のデザインを小変更

2014.06.04 自動車ニュース

独アウディ「RS 7スポーツバック」のデザインを小変更

独アウディは2014年6月2日(現地時間)、「A7スポーツバック」の高性能モデルである「RS 7スポーツバック」にマイナーチェンジを実施し、ドイツ本国において、同年第3四半期に予約受付を開始すると発表した。価格は11万3300ユーロ(約1586万円、1ユーロ=140円で換算)。

今回のマイナーチェンジは先に発表された「A7」「S7」のそれと同様に、内外装のデザインの変更が主な内容となっている。具体的には、エクステリアでは「A8」などに用いている「マトリクスLEDヘッドライト」を新たに採用したほか、ヘッドランプのデザインに合わせてテールランプの意匠も変更。シングルフレームグリルは角をよりとがらせた新デザインとし、下部の開口部には「quattro」のレタリングを施している。

一方インテリアでは、空調の吹き出し口や、ステアリングホイールに装備されたシフトパドル、インストゥルメントパネルに装備された「quattro」のエンブレムなどのデザインを変更。「MMI」と呼ばれるインフォテインメントシステムも最新のものにアップデートしている。

(webCG)
 

「アウディRS 7スポーツバック」


    「アウディRS 7スポーツバック」

独アウディ「RS 7」のデザインを小変更の画像

独アウディ「RS 7」のデザインを小変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る