独アウディ「RS 7」のデザインを小変更

2014.06.04 自動車ニュース

独アウディ「RS 7スポーツバック」のデザインを小変更

独アウディは2014年6月2日(現地時間)、「A7スポーツバック」の高性能モデルである「RS 7スポーツバック」にマイナーチェンジを実施し、ドイツ本国において、同年第3四半期に予約受付を開始すると発表した。価格は11万3300ユーロ(約1586万円、1ユーロ=140円で換算)。

今回のマイナーチェンジは先に発表された「A7」「S7」のそれと同様に、内外装のデザインの変更が主な内容となっている。具体的には、エクステリアでは「A8」などに用いている「マトリクスLEDヘッドライト」を新たに採用したほか、ヘッドランプのデザインに合わせてテールランプの意匠も変更。シングルフレームグリルは角をよりとがらせた新デザインとし、下部の開口部には「quattro」のレタリングを施している。

一方インテリアでは、空調の吹き出し口や、ステアリングホイールに装備されたシフトパドル、インストゥルメントパネルに装備された「quattro」のエンブレムなどのデザインを変更。「MMI」と呼ばれるインフォテインメントシステムも最新のものにアップデートしている。

(webCG)
 

「アウディRS 7スポーツバック」


    「アウディRS 7スポーツバック」
    拡大

独アウディ「RS 7」のデザインを小変更の画像 拡大

独アウディ「RS 7」のデザインを小変更の画像 拡大

関連キーワード:
RS 7スポーツバックアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
ホームへ戻る