横浜ゴム、6年連続でパイクスピークに挑戦

2014.06.04 自動車ニュース
横浜ゴムのEVレーシングカー。

横浜ゴム、6年連続でパイクスピークに挑戦

横浜ゴムは2014年6月4日、同年6月29日に米国コロラド州で開催される「2014パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に、オリジナルのEVレーシングカー(電気自動車)で参戦すると発表した。

 

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムとは、標高2862mのスタート地点から標高4301mに位置するゴールまで約20kmのコースを駆け上がり、そのタイムを競うモータースポーツイベントである。

横浜ゴムがこのイベントに参戦するのは、今年で6年連続。2010年と2011年には2年連続でEVの歴代最速記録を樹立し、2012年は自己ベストを21秒以上短縮した。2013年はシステムエラーにより途中棄権となったが、今年はさらなる好成績を狙うとしている。

競技車両は、最高出力190kWの駆動用モーターをミドシップ搭載したEVレーシングカー「HER-02」で、同社の低燃費タイヤである「BluEarth-A(ブルーアース・エース)」を装着。ドライバーには2013年と同じく、国内外のオフロードレースで活躍する塙 郁夫選手を起用する。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。