トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)

和製フレンチコンパクト 2014.06.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。

答えはハイブリッドだけではない

燃費のいいコンパクトカーがほしいが、ハイブリッドにはこだわらない、という人も多い。それが証拠に、「日産ノート」は相変わらずよく売れている。昨年夏にモデルチェンジした「ホンダ・フィット」は、販売の7割がハイブリッドだが、コンベンショナルなガソリンエンジンを選ぶ人も3割はいる。ぼくの身近で唯一の新型フィットカスタマーも、1.3リッターのMTを購入した。初代フィットMTからの買い替えだからだ。

トヨタのハイブリッド・コンパクトといえば、ハイブリッド界の断トツ・ベストセラー「アクア」である。しかし、一番安いグレード同士で比べると、「ヴィッツ」や「パッソ」より60万円以上高い。この際、一気にダウンサイジングをしようと、10年モノの6気筒セダンなどから乗り換えれば、アクアは人生観が変わるくらいガソリン代のかからないクルマだが、コンパクトクラスならもともと実用燃費は悪くない。差額60万円の元をとるには、何年何km走らなきゃ……なんてシビアにソロバンをはじき始めたら、このクラスでハイブリッドが唯一の正解でないことは明らかである。逆に言うと、コンパクトクラスはまだまだアンチハイブリッド勢に大きな可能性がある。

というわけで、ヴィッツがマイナーチェンジをした。目玉は新開発の1.3リッター4気筒“1NR-FKE”。この新エンジンを搭載するモデルは、1リッター3気筒版をしのぐヴィッツ最良のJC08モード値(25.0km/リッター)を達成し、アクアやプリウスと同じエコカー減税100%をゲットしている。

3代目となる現行型「トヨタ・ヴィッツ」は2010年12月に発売された。2014年4月に、エンジンの変更を伴うマイナーチェンジが実施された。
3代目となる現行型「トヨタ・ヴィッツ」は2010年12月に発売された。2014年4月に、エンジンの変更を伴うマイナーチェンジが実施された。

内装もインストゥルメントパネルを中心にデザインを変更。テスト車はおよそ26万円分のメーカーオプションに加え、ディーラーオプションのHDDナビ(24万5700円)を装備していた。


    内装もインストゥルメントパネルを中心にデザインを変更。テスト車はおよそ26万円分のメーカーオプションに加え、ディーラーオプションのHDDナビ(24万5700円)を装備していた。
「1.3F」のシート表皮はファブリックのみの設定。内装色には写真のアイボリーに加え、ブラックのモノトーンも用意される。
「1.3F」のシート表皮はファブリックのみの設定。内装色には写真のアイボリーに加え、ブラックのモノトーンも用意される。
今回の改良では、助手席側のダッシュボードにトレイの位置を調整できるアッパーボックスを設置。利便性を向上している。
今回の改良では、助手席側のダッシュボードにトレイの位置を調整できるアッパーボックスを設置。利便性を向上している。
関連記事 ホームへ戻る