第241回:タイヤ以外のブリヂストンを探る
ブリヂストン化工品部門発表会リポート

2014.06.06 エッセイ

ブリヂストンが開催した、同社におけるタイヤ以外の事業に関するメディア向けの事業説明会に参加した。

売り上げの15%を占める「多角化」事業

多くの人にとって、ブリヂストンと聞いてまず思い浮かぶのがタイヤだろう。それ以外の「ブリヂストン」をあげるとすれば、ゴルフやテニスなどのスポーツ用品、あるいは自転車といったところだろうか。中には往年のテレビ番組『ベストヒットUSA』を思い出すという人もいるかもしれない(当時はブリヂストンの一社提供番組で、洋楽の合間にブリヂストンのCMが盛んに流れていました)。

同社の売上高構成比を見ると、タイヤ部門が85%を占めている(2013年度連結事業別売上高構成比)。それ以外の、ブリヂストンが「多角化」と呼ぶ事業は15%だが、そもそも全体の売上高が3.5兆円強と大きいので約2700億円にもなる。
今回の説明会は、この多角化事業のうち「化工品」と呼ばれる分野に関するものだ。

化工品とは一体なんなのか。今回ブリヂストンが紹介したのは、水道管などの「樹脂配管事業」、「ゴムクローラー事業」、ベルトコンベヤー用の「ベルト事業」、油圧機械などに使用される「ホース事業」、「防振ゴム事業」、ウレタンフォームなどの「化成品事業」、太陽電池パネルの「封止材フィルム事業」、免震ゴムの「インフラ事業」の8事業だ。
名称を聞いてなんとなくイメージが浮かぶものもあれば、そうでないものもある。

簡単に説明していくと、樹脂配管とは住宅などの給水用配管部材の事だ。私などは「水道管」と言われると銅管や塩ビ管をイメージしてしまうが、特に建物内の給水管に関しては「ポリブテンパイプ」と呼ばれる、樹脂製の配水管のシェアが伸びてきているという。
固い金属管とは違い、ホースのように柔軟性があるため、あらかじめ施工場所に応じて細かい寸法あわせをする必要がなく、作業時間が約4分の1まで短縮されるそうだ。また熟練職人ではなくても施工が可能なので、コストダウンにもつながるという。

説明会場に展示されていた「給水用配管部材」のサンプル。柔らかいので施工が簡単だ。
原発事故の除染作業に使われている特殊な「ゴムクローラー」(写真左)。
クルマにもタイヤ以外のゴム製品が数多く使用されている。
こちらはある意味で「一番身近」な、寝具用のウレタンフォーム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ