「水野和敏的視点」 vol.52 「日産スカイライン350GT ハイブリッド」(前編)

2014.06.06 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.52 「日産スカイライン350GT ハイブリッド」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は新型「スカイライン」。ハイブリッドシステムにステアバイワイヤ機構と“初モノ”尽くしの新型は、生粋のスポーツセダンの歴史を推し進めることができるのだろうか。2回に分けて、ミスターGT-Rが厳しくチェックする。


「水野和敏的視点」 vol.52 「日産スカイライン350GT ハイブリッド」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.52 「日産スカイライン350GT ハイブリッド」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.52 「日産スカイライン350GT ハイブリッド」(前編)の画像
日産スカイライン350GT ハイブリッド タイプSP
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4800×1820×1440mm/ホイールベース:2850mm/車重:1800kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7AT/エンジン最高出力:306ps/6800rpm/エンジン最大トルク:35.7kgm/5000rpm/モーター最高出力:68ps/モーター最大トルク:29.6kgm/タイヤ:(前)245/40RF19 (後)245/40RF19/車両本体価格:541万5120円(消費税8%込み)
日産スカイライン350GT ハイブリッド タイプSP
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4800×1820×1440mm/ホイールベース:2850mm/車重:1800kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7AT/エンジン最高出力:306ps/6800rpm/エンジン最大トルク:35.7kgm/5000rpm/モーター最高出力:68ps/モーター最大トルク:29.6kgm/タイヤ:(前)245/40RF19 (後)245/40RF19/車両本体価格:541万5120円(消費税8%込み)

■「フーガ」との住み分けがあいまいだ

今回は「日産スカイライン」(V37型)を取り上げます。先日、ダイムラー製の2リッター直4ターボを搭載する仕様が追加されましたが、今回試乗するのは3.5リッターV6の自然吸気ユニットにモーターを組み合わせた「350GT ハイブリッド」のほうです。グレードは最上級の「タイプSP」で、駆動方式は4WDではなくFRを選びました。車両価格は541万5120円。今や、スカイラインも500万円を大きく超える時代になってしまったのですね。ひとつクラス上の「フーガ」(のガソリンエンジン仕様)をも超えてしまう価格設定です。

ここで私の頭にはひとつの疑問がわいてきます。フーガは「プレミアムラグジュアリー」として存在し、スカイラインはその一クラス下に置かれ、両者は「スポーツ」というキャラクターでそれぞれにお客さまを持ち、マーケットを担ってきました。しかし、今回のスカイラインはどうでしょうか。その存在の意義はなんでしょうか?

テレビのコマーシャルでは「ハイクラスラグジュアリー」であることがうたわれていますが、それではフーガの狙いと変わりません。新型スカイラインとフーガは、価格もプレミアムラグジュアリーという狙いも、サイズもバリエーションもほとんど同じになって(日産の社内比較では「違う」のでしょうが……)、さらに世界のこのクラスの商品の中に置いてみると、多くの人にとっては違いがほとんど見えてこないのが実情でしょう。2車種を並べて、日産の高級車戦略は何を狙っているのでしょうか。結果として「できちゃった」路線なのでしょうか? それとも、この先に本当の答えが用意されているのでしょうか?(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 「スカイライン」の誕生60周年を祝うイベント開催 2017.4.20 自動車ニュース 日産自動車は2017年4月20日、東京・六本木の六本木ヒルズアリーナにおいて、「スカイライン」の誕生60周年を記念した特別イベント「SKYLINE TIMELINE(スカイライン タイムライン)」の記者発表会を開催した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る