アウディS3セダン(4WD/6AT)

なんだか気ぜわしい 2014.06.16 試乗記 「アウディA3セダン」の高性能モデル「S3セダン」に試乗。280psの2リッター直4ターボエンジンとクワトロ4WDシステムを備えた、小粒でもぴりりと辛いスーパーセダンの走りは? 箱根のワインディングロードを目指した。

計算された“狼”

今年早々に「A3シリーズ」に追加された「A3セダン」は、日本向けコンパクトサイズの戦略モデルという触れ込みである。どちらかと言えば地味で普通のコンパクトセダンだが、もちろん普通と言ってもそこはアウディクオリティーである。その清潔さや隙のない出来栄えは、身だしなみに気を配る今時の若い層だけでなく、大きなサイズや派手派手しさを敬遠する年配層にも十分にアピールするはずである。

いまさらではあるが、もともと日本の5ナンバーサイズは全長4.7m×全幅1.7m、エンジン排気量2リッター以下。これを「小型車」と呼び、それ以上を3ナンバーの「普通車」と定め、各種統計もいまだにこの規格に沿っているのだが、実際には近頃あまり話題に上らない。小排気量でも全幅のみ1700mmを超えるせいで3ナンバーになる車が多く、ユーザーの実感にはそぐわなくなっているからだろう。現実の日本の路上で使いやすいサイズを考えればやはり全長4.5m前後、全幅は1.8m以内というところではないかと考える。「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」、そして「A4」も昔はこのぐらいの寸法だったが、皆上級移行で大型化したために手薄になったセグメントを代わりのモデルが埋めようとしているのだ。

そんなA3セダンの高性能版が「S3セダン」である。全長4470×全幅1795×全高1380mmのコンパクトなボディーにパワフルなエンジンを詰め込んだ高性能セダン、古くさい言い方なら“羊の皮をかぶった狼”ということになるかもしれないが、この車はちょっと違う。羊に見える狼は、無理を承知で高性能、というメーカー/ユーザー双方の了解があって成り立つもので価格もリーズナブルだった。その点、S3は最初からしっかり計算された最上級モデルという位置づけだろう。何しろ今や「1」を除く「3」から「8」まですべてのラインナップに「S」と「RS」が設定されているからだ。ここまでくると正直、ありがたみも薄れ、ああまたあれね、となってしまうのも無理からぬことだと思う。ライバルに対して隙を見せるわけにはいかない事情も分かるが、豊富な品ぞろえが当たり前になると、特別な店というエクスクルーシブ感が薄れてしまうのでは、と心配にもなる。

「A3セダン」とその高性能仕様「S3セダン」は2014年1月、国内で同時に発売された。
「A3セダン」とその高性能仕様「S3セダン」は2014年1月、国内で同時に発売された。
スポーティーに彩られた「S3セダン」の室内。“フラットボトム”のステアリングホイールが標準で備わる。
スポーティーに彩られた「S3セダン」の室内。“フラットボトム”のステアリングホイールが標準で備わる。
サイドサポートが強化されたスポーツシートが標準。テスト車のはオプションの本革仕様(標準はクロス&本革仕様)。
サイドサポートが強化されたスポーツシートが標準。テスト車のはオプションの本革仕様(標準はクロス&本革仕様)。
ボディーカラーは全7色。テスト車のは唯一のソリッドフィニッシュとなるブリリアントレッド。
ボディーカラーは全7色。テスト車のは唯一のソリッドフィニッシュとなるブリリアントレッド。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S3セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
ホームへ戻る