第351回:ジウジアーロ&ピニンファリーナが「台所」をデザインすると、こうなる!

2014.06.13 エッセイ

初代「パンダ」を思わせる機能性

トリノのカロッツェリアの2大巨頭、ピニンファリーナとジウジアーロは近年、自動車以外のプロダクトデザインに、以前にも増して精力的に取り組んでいる。
両社ともクルマの設計・開発は依然として太い柱だが、その分野にかつてのような飛躍的な伸びが期待できない今、別分野を開拓することは大切である。特に、ジウジアーロにとってのフォルクスワーゲンのように、後ろ盾をもたぬピニンファリーナとしては、さらにその「種まき」は重要だ。

彼らがコラボレートする相手のひとつに、イタリアの重要産業である家具メーカーがある。2014年4月、ミラノ家具見本市のキッチン専門館「エウロクチーナ」でも、彼らは新作のシステムキッチンを、競うように公開した。カロッツェリアがデザインした台所である。

システムキッチンは大抵、自動車よりも長期にわたって使われる。かつ家の中心に据え付けられるため、一日のうちでユーザーと対面する時間もクルマより長い。それだけに、デザイナーの腕が試されるものといえよう。

まず紹介するのは、ジウジアーログループのプロダクトデザイン担当部門「ジウジアーロ・デザイン」がスカヴォリーニ社のために手がけた「フリュクス・スイング」である。参考までにスカヴォリーニは、南部プーリアを本拠とする1961年設立のキッチン家具メーカーだ。テレビや雑誌に積極的に広告展開することで知られ、「イタリア人に最も愛されるキッチン」というかつてのキャッチコピーは有名だ。

フリュクス・スイングは、同じくジウジアーロによるデザインで、すでに発売されている「フリュクス」の発展型だが、今回はリビングゾーンとの完全なる融合を模索している。
担当したジウジアーロ・デザインのニコラ・グエルフォ氏がキーワードを「ダイナミズム」と示すとおり、キッチンは対面型テーブルを経て、大胆なカーブを描いてテレビ用シェルフにまで連続している。
面白いのは、棚からゆるやかに描くスロープの途中に、新聞や雑誌が置けるようなっていることだ。こうした機能性とユーモアを両立させる小技は、初代「フィアット・パンダ」に採用した、ダッシュボードの助手席側物入れを連想させて面白い。

ジウジアーロ・デザインがスカヴォリーニ社のためにデザインした「フリュクス・スイング」。
ジウジアーロ・デザインがスカヴォリーニ社のためにデザインした「フリュクス・スイング」。
「フリュクス・スイング」のベースとなった2009年「フリュクス」。5年前の作品だが、今日見ても十分すぎるほどモダンだ。
「フリュクス・スイング」のベースとなった2009年「フリュクス」。5年前の作品だが、今日見ても十分すぎるほどモダンだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。