「アウディA1」が気筒休止機構搭載で燃費向上

2014.06.10 自動車ニュース
「アウディA1スポーツバック」
「アウディA1スポーツバック」

「アウディA1」が気筒休止システム搭載で燃費向上

アウディ ジャパンは2014年6月10日、コンパクトモデル「A1」「A1スポーツバック」に、気筒休止システムを採用した新グレード「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」を設定し、販売を開始した。

気筒休止システム「シリンダーオンデマンド」の図解。
気筒休止システム「シリンダーオンデマンド」の図解。

これまで、A1とA1スポーツバックには、最高出力122psを発生する1.4リッタ直4直噴ターボエンジンを搭載した「1.4 TFSI」のみを設定していた。

今回追加した新グレードは、「シリンダーオンデマンド」と呼ばれる気筒休止システムを採用した、140ps仕様の1.4リッター直4直噴ターボエンジンを搭載したものである。シリンダーオンデマンドとは、高速道路でのクルージング走行中など、エンジンが低負荷の状態では4気筒のうち2気筒を自動停止し、CO2排出量と燃料消費を低減するというもの。今回のA1、A1スポーツバックでは、最高出力140ps、最大トルク25.5kgmと、既存のグレードより18psの出力向上と5.1kgmのトルクアップを実現しながら、燃費性能も2.7km/リッター改善の20.5km/リッター(JC08モード)としている。

ラインナップと価格は以下の通り。

・A1 1.4 TFSI:281万円
・A1 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド:314万円
・A1スポーツバック 1.4 TFSI:301万円
・A1スポーツバック 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド:334万円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
ホームへ戻る