「アウディA1」が気筒休止機構搭載で燃費向上

2014.06.10 自動車ニュース
「アウディA1スポーツバック」
「アウディA1スポーツバック」

「アウディA1」が気筒休止システム搭載で燃費向上

アウディ ジャパンは2014年6月10日、コンパクトモデル「A1」「A1スポーツバック」に、気筒休止システムを採用した新グレード「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」を設定し、販売を開始した。

気筒休止システム「シリンダーオンデマンド」の図解。
気筒休止システム「シリンダーオンデマンド」の図解。

これまで、A1とA1スポーツバックには、最高出力122psを発生する1.4リッタ直4直噴ターボエンジンを搭載した「1.4 TFSI」のみを設定していた。

今回追加した新グレードは、「シリンダーオンデマンド」と呼ばれる気筒休止システムを採用した、140ps仕様の1.4リッター直4直噴ターボエンジンを搭載したものである。シリンダーオンデマンドとは、高速道路でのクルージング走行中など、エンジンが低負荷の状態では4気筒のうち2気筒を自動停止し、CO2排出量と燃料消費を低減するというもの。今回のA1、A1スポーツバックでは、最高出力140ps、最大トルク25.5kgmと、既存のグレードより18psの出力向上と5.1kgmのトルクアップを実現しながら、燃費性能も2.7km/リッター改善の20.5km/リッター(JC08モード)としている。

ラインナップと価格は以下の通り。

・A1 1.4 TFSI:281万円
・A1 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド:314万円
・A1スポーツバック 1.4 TFSI:301万円
・A1スポーツバック 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド:334万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る