「メルセデスSクラス」に豪華装備のV12モデル

2014.06.10 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS600ロング」
「メルセデス・ベンツS600ロング」

「メルセデス・ベンツSクラス」に豪華装備のV12モデル

メルセデス・ベンツ日本は2014年6月10日、メルセデスの旗艦モデル「Sクラス」に12気筒モデル「S600ロング」を追加設定したほか、ラインナップや装備設定を見直し、販売を開始した。

 

■メルセデス自慢の先進装備を標準で採用

S600ロングは、最高出力530ps、最大トルク84.6kgmを発生する6リッターV12直噴ツインターボエンジンを搭載した新グレードである。

内外装も一部が特別な仕様となっており、エクステリアでは専用6ツインルーバーグリルと19インチ5ツインスポークアルミホイールを採用。一方インテリアでは、各所にダイヤモンドステッチを施した最高級ナッパレザーや、木目素材の「designoサンバーストブラウンマートルウッド」をあしらっている。

また、43.5度までリクライニング可能なエグゼクティブリアシートなど、後席の快適性を高める「ショーファーパッケージ」を標準で採用。前方の路面の凹凸をステレオマルチパーパスカメラで捉え、瞬時にサスペンションのダンピングを制御する「マジックボディコントロール」や、ミリ波レーダーとステレオカメラによる安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」などの先進装備も搭載している。

■左ハンドル仕様のラインナップを強化

このほかのグレードについても改良や変更を実施している。具体的な内容は、以下の通り。

・S400ハイブリッド
左ハンドル仕様を追加。オプションの「ラグジュアリーパッケージ」にタッチパッドやリアシートヒーターを、「AMGスポーツパッケージ」にはヘッドアップディスプレイを採用した。

・S400ハイブリッド エクスクルーシブ
左ハンドル仕様を追加。タッチパッドやプライバシーガラスを標準装備したほか、オプションのAMGスポーツパッケージにヘッドアップディスプレイを、リアシートコンフォートパッケージに後席専用クライメートコントロールを採用した。

・S550ロング
タッチパッドやプライバシーガラスを標準装備。オプションのAMGスポーツパッケージにヘッドアップディスプレイを採用した。

・S63 AMGロング/S63 AMG 4MATICロング
タッチパッドやプライバシーガラスを標準装備。オプションのAMGダイナミックパッケージにヘッドアップディスプレイを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

・S400ハイブリッド:1090万円
・S400ハイブリッド エクスクルーシブ:1307万円
・S550ロング:1590万円
・S600ロング:2250万円
・S63 AMGロング:2410万円
・S63 AMG 4MATICロング:2410万円
・S65 AMGロング:3200万円

(webCG)
 

関連キーワード:
Sクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記
  • メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン(4WD/9AT)... 2017.11.29 試乗記