アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)

ドライバーズカーの頂点 2014.06.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。

リッチに向けたニッチなモデル

昨2013年に、創業100周年を迎えたアストン・マーティン。そんなタイミングで、次期パワーユニット等の開発のためにAMG(ダイムラー)と技術提携をしたり、英国の本社と工場への新たな投資計画を発表したりと、昨今ひそかに(?)話題豊富なブランドでもある。

ご存じ“ボンドカー”の活躍もあって、世間に対するメーカーとしての知名度もそれなりに高いはずだが、昨年の世界販売台数は、わずかに4200台ほど。あのフェラーリですらその数がおよそ7000台であることを思うと、アストン・マーティンが極めてエクスクルーシブで、ニッチなブランドであることをあらためて認識させられる。

一方、かくも選ばれし人に向けた、高価なスポーツカーづくりに専念する小規模メーカーながら、「ヴァンテージ」に「DB9」、さらには「ヴァンキッシュ」「ラピード」と、意外に多くの種類をラインナップするのも、ひとつの特徴である。
しかも、4ドアのラピードを除けば、いずれのモデルにもクーペとオープンボディーが用意されている。それゆえ「どれをチョイスしても、いずれもビスポークな一台に近い」のは事実だが、同時に、モデル間の立ち位置がどうしても接近するため、互いの特色がやや分かりにくくなってしまうことも否定できない。

そのうえでそれぞれのキャラクターを明らかにするならば、「ヴァンテージはサーキット直系のピュアスポーツ」「DB9は2+2シーターのスポーツGT」そして「ヴァンキッシュは全シリーズ中のフラッグシップ」……ということになるだろう。
エンジンは、DB9とヴァンキッシュがV型12気筒ユニットを搭載。ヴァンテージは、あくまでもV型8気筒ユニットがメインの“エントリーモデル”と、そんなすみ分けが図られている。

レーシングカーや特別な限定車を除き、アストン・マーティン史上最速モデルとされる「V12ヴァンテージS」。日本では2013年11月にデビューを飾った。
レーシングカーや特別な限定車を除き、アストン・マーティン史上最速モデルとされる「V12ヴァンテージS」。日本では2013年11月にデビューを飾った。
カーボンインテリアパック(52万1640円)やブラックペダル(6万9120円)など、数々のオプションを装着するテスト車のインテリア。ステアリングホイールは、標準でアルカンターラ巻きとなる。
カーボンインテリアパック(52万1640円)やブラックペダル(6万9120円)など、数々のオプションを装着するテスト車のインテリア。ステアリングホイールは、標準でアルカンターラ巻きとなる。

アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 の画像
V8エンジン搭載車ではオープンモデルも選べる「ヴァンテージ」だが、“最強モデル”たる「V12ヴァンテージS」に用意されるのは、クローズドボディーのクーペのみ。
V8エンジン搭載車ではオープンモデルも選べる「ヴァンテージ」だが、“最強モデル”たる「V12ヴァンテージS」に用意されるのは、クローズドボディーのクーペのみ。
関連記事 ホームへ戻る