「ポルシェ911」にマルティーニカラーの限定車

2014.06.11 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラS マルティーニレーシングエディション」
「ポルシェ911カレラS マルティーニレーシングエディション」

「ポルシェ911」にマルティーニカラーの限定車

独ポルシェは2014年6月10日、「911」の特別仕様車「マルティーニレーシングエディション」を発表した。

今回の特別仕様車は、ポルシェが世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーであるLMP1クラスに復帰したことを記念して設定された限定モデルであり、合計80台が欧州や日本、中国、ラテンアメリカにおいて販売される。

ベースとなるのは、400psの最高出力をほこる3.8リッター水平対向6気筒エンジン搭載の「911カレラS」で、エクステリアでは、1970年代に活躍したレーシングカー「917」や「935」で知られるマルティーニレーシングデザインのデカールを採用。また、リップスポイラーを備えた「カップ エアロキット」の専用フロントエプロンや、固定式のリアスポイラーを標準装備している。

一方インテリアでは、「911 Carrera S – Martini Racing Edition」の文字が赤く浮かび上がるステンレススチール製のイルミネーテッド・ドアエントリーガードや、「Martini Racing Edition」ロゴをあしらったボディーカラー同色のダッシュボードアクセントを採用。「スポーツデザインステアリングホイール」や「スポーツクロノパッケージ」「Boseサウンドシステム」、ブラックの文字盤のレブカウンター、ブラックレザーの電動スポーツシートなども標準で備わる。

ボディーカラーはホワイトとブラックの2色。導入時期は、オランダ、イタリア、スペイン、ポーランド、ウクライナ、チェコ共和国、キプロス、フィンランド、イギリスでは2014年6月、中国では2014年8月、日本とラテンアメリカでは2014年10月以降を予定している。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る