ボルボV60ラグジュアリーエディション(FF/6AT)

深まるボルボらしさ 2014.06.17 試乗記 「ボルボS60/V60」に、豪華装備の特別仕様車が登場。北欧のプレミアムブランドが持つ、ドイツ御三家とは一味違う魅力に触れた。

ライバルに対し先手を打つ

特別仕様車が用意される理由は、いろいろある。よく知られているのは、モデル末期の販売の落ち込みを防ぐべく、装備を充実させつつお買い得な価格を設定したパターンだろう。でも今回乗った「ボルボS60/V60ラグジュアリーエディション」はそうではないだろう。なにせ2014年モデルでマイナーチェンジを実施したばかりなのだから。

ではなぜ特別仕様車を設定したのか。増税直後だから? ボーナス時期だから? それらもあるだろうが、個人的にはあるクルマが関係しているような気がした。
そのクルマとは、今年中に新型の発売が確実な「メルセデス・ベンツCクラス」。「BMW 3シリーズ」と並ぶプレミアムDセグメントの雄がモデルチェンジするとなれば、このクラスの購入を考えている多くのユーザーが興味を持つはず。ならば上陸前に先手を打っておこう、というメッセージに思えたのだ。

ベースは1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジンに6段デュアルクラッチ・トランスミッションを組み合わせた前輪駆動の「T4 SE」。ここに「レザー・パッケージ」と「セーフティ・パッケージ」「パーソナル・カー・コミュニケーター(PCC)」「キーレスドライブ」を組み込んだ。価格に換算すれば約50万円分になるという。
なのにラグジュアリーエディションの価格は、T4 SEよりも20万円以上安い。現行の「C180ステーションワゴン エディションC」「320iツーリング」にアウディの「A4アバント 2.0 TFSI」を加えたジャーマンプレミアムDセグメント御三家と比較すると、安全装備で圧倒的なアドバンテージを持ちながら、約50万円も安い。

いずれにしても今回の特別仕様車、比較検討型の顧客をターゲットとしたモデルであるようだ。しかし最初からS60/V60を決め撃ちしようと考えていた人にとっても、願ってもないチャンス到来といえるだろう。

ボルボのDセグメントワゴンである「V60」。日本に導入されたのは2011年のことで、2013年8月には内外装デザインを変更するマイナーチェンジが行われた。
ボルボのDセグメントワゴンである「V60」。日本に導入されたのは2011年のことで、2013年8月には内外装デザインを変更するマイナーチェンジが行われた。
「ラグジュアリーエディション」は、通常はオプション扱いの「セーフティ・パッケージ」や「レザー・パッケージ」、リモコンキー上の表示によって、ドアロックの状態やアラームの作動状況を確認できる「パーソナル・カー・コミュニケーター(PCC)」などの装備を、標準で採用している。
「ラグジュアリーエディション」は、通常はオプション扱いの「セーフティ・パッケージ」や「レザー・パッケージ」、リモコンキー上の表示によって、ドアロックの状態やアラームの作動状況を確認できる「パーソナル・カー・コミュニケーター(PCC)」などの装備を、標準で採用している。
安全運転支援システムのセンサーに用いられる、フロントグリル内のミリ波レーダー。ボルボの緊急自動ブレーキ機能「ヒューマン・セーフティ」は、車両だけでなく、歩行者や自転車も検知することができる。
安全運転支援システムのセンサーに用いられる、フロントグリル内のミリ波レーダー。ボルボの緊急自動ブレーキ機能「ヒューマン・セーフティ」は、車両だけでなく、歩行者や自転車も検知することができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る