ケータハム・セブン160(FR/5MT)

“軽さ”こそがすべて 2014.06.24 試乗記 スズキ製のパワートレインを搭載した“黄色ナンバー”の「ケータハム・セブン160」に試乗。車両重量490kg(!)というスーパーライトな最新モデルに、ライトウェイトスポーツの本分を見た。

かつてないコンパクト感

「スーパーセブン160」で高速道路を走っているとき、前方で事故があった。路上に破片が散乱している。それを注意しながらよけて進むと、渋滞で完全に止まった。フト、横を見ると、道路脇のフェンスが少し開いていた。このクルマなら入っていける。ETCが付いていないのがかえって幸いだ。左折して高速道路から出ると、そこはあぜ道のような狭い一本道で、やがて行き止まりになった。ヤバイ。でも、下に降りるハシゴがある。クルマをショルダーバッグのように肩から下げていけば大丈夫だ……。

そんな夢をスーパーセブン160に乗って帰った晩に見た。昔からすごく現実的で具体的な夢を見るタチなのだ。低い地上高に気を使ったこと、高速道路が集中工事で渋滞していたこと、発表以来、貸し出しの予約が引きも切らず、試乗車にはまだETC車載機が付いていなかったこと、半日乗っただけで、いまだかつてスーパーセブンに感じたことがないコンパクト感を覚えたこと、といった事実がその夢にもちゃんと入っていた。

“160”は軽登録のスーパーセブンである。ボディー全長はもともと枠内だが、フェンダーやタイヤを細くして軽の全幅枠に収め、エンジンをはじめとするランニングコンポーネンツはスズキの軽自動車用を調達した。部品は50セットずつコンテナに詰めて静岡県のスズキ磐田工場からケータハムへ送られる。まさかの日英合作スーパーセブンである。

スズキ製のエンジンを搭載した「ケータハム・セブン160」。排気量660cc、全長×全幅×全高=3100×1470×1090mmということで、“黄色ナンバー”で走らせることができる。
スズキ製のエンジンを搭載した「ケータハム・セブン160」。排気量660cc、全長×全幅×全高=3100×1470×1090mmということで、“黄色ナンバー”で走らせることができる。
必要な計器やスイッチ類をならべただけの極めてシンプルなインパネまわり。ウインカーは中央のトグルスイッチで、ワイパーはその上のスイッチで操作する。
必要な計器やスイッチ類をならべただけの極めてシンプルなインパネまわり。ウインカーは中央のトグルスイッチで、ワイパーはその上のスイッチで操作する。
乗車スペースは極めてタイト。ドライバーはサイドシルとセンターコンソールに手をついて乗り込み、ダッシュボードの下に足を差し込みながら腰を下ろさなければいけない。
乗車スペースは極めてタイト。ドライバーはサイドシルとセンターコンソールに手をついて乗り込み、ダッシュボードの下に足を差し込みながら腰を下ろさなければいけない。

ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セブンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.5.1 試乗記 スズキ製の660ccエンジンを搭載した、軽自動車規格の「ケータハム・セブン」が登場。ダイレクトなドライブフィールと適度な動力性能がもたらす、このクルマならではの走行体験をリポートする。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る