ケータハム・セブン160(FR/5MT)

“軽さ”こそがすべて 2014.06.24 試乗記 スズキ製のパワートレインを搭載した“黄色ナンバー”の「ケータハム・セブン160」に試乗。車両重量490kg(!)というスーパーライトな最新モデルに、ライトウェイトスポーツの本分を見た。

かつてないコンパクト感

「スーパーセブン160」で高速道路を走っているとき、前方で事故があった。路上に破片が散乱している。それを注意しながらよけて進むと、渋滞で完全に止まった。フト、横を見ると、道路脇のフェンスが少し開いていた。このクルマなら入っていける。ETCが付いていないのがかえって幸いだ。左折して高速道路から出ると、そこはあぜ道のような狭い一本道で、やがて行き止まりになった。ヤバイ。でも、下に降りるハシゴがある。クルマをショルダーバッグのように肩から下げていけば大丈夫だ……。

そんな夢をスーパーセブン160に乗って帰った晩に見た。昔からすごく現実的で具体的な夢を見るタチなのだ。低い地上高に気を使ったこと、高速道路が集中工事で渋滞していたこと、発表以来、貸し出しの予約が引きも切らず、試乗車にはまだETC車載機が付いていなかったこと、半日乗っただけで、いまだかつてスーパーセブンに感じたことがないコンパクト感を覚えたこと、といった事実がその夢にもちゃんと入っていた。

“160”は軽登録のスーパーセブンである。ボディー全長はもともと枠内だが、フェンダーやタイヤを細くして軽の全幅枠に収め、エンジンをはじめとするランニングコンポーネンツはスズキの軽自動車用を調達した。部品は50セットずつコンテナに詰めて静岡県のスズキ磐田工場からケータハムへ送られる。まさかの日英合作スーパーセブンである。

スズキ製のエンジンを搭載した「ケータハム・セブン160」。排気量660cc、全長×全幅×全高=3100×1470×1090mmということで、“黄色ナンバー”で走らせることができる。
スズキ製のエンジンを搭載した「ケータハム・セブン160」。排気量660cc、全長×全幅×全高=3100×1470×1090mmということで、“黄色ナンバー”で走らせることができる。
必要な計器やスイッチ類をならべただけの極めてシンプルなインパネまわり。ウインカーは中央のトグルスイッチで、ワイパーはその上のスイッチで操作する。
必要な計器やスイッチ類をならべただけの極めてシンプルなインパネまわり。ウインカーは中央のトグルスイッチで、ワイパーはその上のスイッチで操作する。
乗車スペースは極めてタイト。ドライバーはサイドシルとセンターコンソールに手をついて乗り込み、ダッシュボードの下に足を差し込みながら腰を下ろさなければいけない。
乗車スペースは極めてタイト。ドライバーはサイドシルとセンターコンソールに手をついて乗り込み、ダッシュボードの下に足を差し込みながら腰を下ろさなければいけない。

ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セブンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る