「スズキ・スイフト」に専用内外装の特別仕様車

2014.06.12 自動車ニュース
「スズキ・スイフトSTYLE-DJE」
「スズキ・スイフトSTYLE-DJE」

「スズキ・スイフト」に専用内外装の特別仕様車

スズキは2014年6月12日、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「STYLE(スタイル)」「STYLE-DJE」を設定し、販売を開始した。

■外装色に3種類のツートンカラーを用意

STYLEとSTYLE-DJEは、「XG」「XG-DJE」をベースに、メッキフロントグリルや切削加工の16インチアルミホイール、専用のシート表皮などで内外装をドレスアップしたものである。車体色には、モノトーンの7色に、ツートンカラーの「プラズマイエローパールメタリック ブラック2トーンルーフ」「プルシアンブルーパール ホワイト2トーンルーフ」「スーパーブラックパール ホワイト2トーンルーフ」を加えた、全10色を用意している。

具体的な仕様は以下の通り。

・専用メッキフロントグリル
・16インチアルミホイール(切削加工&ブラック塗装)
・LEDサイドターンランプ付きドアミラー
・「STYLE」専用エンブレム
・専用シート表皮(レザー調&ラックススエード)
・運転席&助手席シートサイドポケット
・専用ドアトリム表皮(スエード調)
・インストゥルメントパネル&ドアトリムオーナメント(ヘアラインメタル調)
・オーディオスイッチ付き本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
・シフトブーツ(シルバーステッチ)
・運転席アームレスト(レザー調)
・リモート格納ミラー
・IRカット機能付きフロントガラス
・プレミアムUVカットガラス(フロントドア)
・クルーズコントロールシステム
・7段マニュアルモード付きパドルシフト
・リアシートリクライニング(1段階)
・運転席&助手席シートヒーター
・ディスチャージヘッドランプ(オートライトシステム付き)、フロントフォグランプ、LEDイルミネーションランプをセットオプションとして設定

価格はSTYLEのFF車が146万7720円、4WD車が167万9400円、STYLE-DJEのFF車が158万8680円、4WD車が176万7960円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る