「スズキ・スイフト」に専用内外装の特別仕様車

2014.06.12 自動車ニュース
「スズキ・スイフトSTYLE-DJE」
「スズキ・スイフトSTYLE-DJE」

「スズキ・スイフト」に専用内外装の特別仕様車

スズキは2014年6月12日、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「STYLE(スタイル)」「STYLE-DJE」を設定し、販売を開始した。

■外装色に3種類のツートンカラーを用意

STYLEとSTYLE-DJEは、「XG」「XG-DJE」をベースに、メッキフロントグリルや切削加工の16インチアルミホイール、専用のシート表皮などで内外装をドレスアップしたものである。車体色には、モノトーンの7色に、ツートンカラーの「プラズマイエローパールメタリック ブラック2トーンルーフ」「プルシアンブルーパール ホワイト2トーンルーフ」「スーパーブラックパール ホワイト2トーンルーフ」を加えた、全10色を用意している。

具体的な仕様は以下の通り。

・専用メッキフロントグリル
・16インチアルミホイール(切削加工&ブラック塗装)
・LEDサイドターンランプ付きドアミラー
・「STYLE」専用エンブレム
・専用シート表皮(レザー調&ラックススエード)
・運転席&助手席シートサイドポケット
・専用ドアトリム表皮(スエード調)
・インストゥルメントパネル&ドアトリムオーナメント(ヘアラインメタル調)
・オーディオスイッチ付き本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
・シフトブーツ(シルバーステッチ)
・運転席アームレスト(レザー調)
・リモート格納ミラー
・IRカット機能付きフロントガラス
・プレミアムUVカットガラス(フロントドア)
・クルーズコントロールシステム
・7段マニュアルモード付きパドルシフト
・リアシートリクライニング(1段階)
・運転席&助手席シートヒーター
・ディスチャージヘッドランプ(オートライトシステム付き)、フロントフォグランプ、LEDイルミネーションランプをセットオプションとして設定

価格はSTYLEのFF車が146万7720円、4WD車が167万9400円、STYLE-DJEのFF車が158万8680円、4WD車が176万7960円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る