スズキ、「スイフトRS」に新エンジンを搭載

2014.06.12 自動車ニュース
「スズキ・スイフトRS-DJE」
「スズキ・スイフトRS-DJE」

スズキ、「スイフトRS」に新エンジンを搭載

スズキは2014年6月12日、コンパクトカー「スイフト」の特別仕様車「RS」に一部改良を実施し、販売を開始した。

RSは、欧州仕様と同じチューニングを施した足まわりと、専用の空力パーツが特徴の特別仕様車である。

今回の改良では、「デュアルジェットエンジン」やブレーキエネルギー回生機構の「エネチャージ」、アイドリングストップシステム、保冷材によってエンジン停止時の車内温度上昇を抑制する「エコクール」などを備えた新モデル「RS-DJE」を追加設定。また、新たにLEDイルミネーションランプを装備した。

価格は以下の通り。
・RS(FF/5MT):148万1760円
・RS(FF/CVT):148万1760円
・RS(4WD/CVT):169万7760円
・RS-DJE(FF/CVT):160万2720円
・RS-DJE(4WD/CVT):178万6320円

(webCG)

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
ホームへ戻る