スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight(4WD/CVT)/1.6GT-S EyeSight(4WD/CVT)/2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)

その完成度に迷いなし 2014.06.16 試乗記 スバルが満を持して投入したスポーツワゴン「レヴォーグ」に試乗。強力なライバルの中に割って入ろうという、ニューモデルの実力を探る。

日本を向いてつくったサイズ

看板車種の「レガシィ」が北米や新興市場といった仕向け地からの要請で拡大化する必要に迫られる一方、それを望まない日本市場との乖離(かいり)は、会社規模の小さなスバルにとって頭の痛い問題だったはずだ。その苦悶(くもん)は現行レガシィの四隅が絶壁化したデザインにも表れている。そこで彼らは、枝を分けるかたちで全長を5ナンバーサイズに抑えたステーションワゴンを企画した。もちろん少数意見を無視してその縛りを解き、サイズ拡大を伴う一本化という道も用意されていたわけだが、改名と引き換えにそれをよしとしない決断に至ったのは、少なくとも日本のユーザーにとって朗報だろう。「レヴォーグ」は現状国内専売とされているが、同様に大きなスバルを望まない欧州市場への導入可能性も考えられる。一方でレガシィは今後D~Eセグメント級の車格をもって、スバルの数的主力を担うことになるわけだ。

レヴォーグのグレード構成はハード的には至って明快だ。エンジンには1.6リッターと2リッターの共に直噴ターボを用意、組み合わされるドライブトレインは、全て4WDおよびスバルがいうところの「リニアトロニック」、すなわちCVTとなる。
両エンジン共にサスペンションセットは2種類あり、標準的仕様の「GT」に対して、「GT-S」はフロント側にピロブッシュを封入した鍛造ロワアームや、ビルシュタインダンパーなど、走りの精度をより高めたパッケージとなっている。つまり基本はエンジン×2、サスセット×2と計4種の仕様が存在することになるが、1.6リッターモデルには「EyeSight ver.3(以下、アイサイト3)」を装備しない最もベーシックな仕様も用意されるため、全部で5グレードの展開となっている。

「1.6GT EyeSight」のインパネまわり。内装色はブラックとアイボリーの2色が用意される。
「1.6GT EyeSight」のインパネまわり。内装色はブラックとアイボリーの2色が用意される。
テスト車の「1.6GT EyeSight」に装備されていたオプションの本革シート。「2.0GT-S EyeSight」を除き、シート表皮はファブリックとトリコットの組み合わせが標準となる。
テスト車の「1.6GT EyeSight」に装備されていたオプションの本革シート。「2.0GT-S EyeSight」を除き、シート表皮はファブリックとトリコットの組み合わせが標準となる。
リアシートは6:4の分割可倒式で、リクライニング機能も備わる。
リアシートは6:4の分割可倒式で、リクライニング機能も備わる。
トランスミッションは全車CVT。エンジンに合わせて、高トルク型と低トルク型(といっても、25.5kgmものトルクを許容するわけだが)の2種類を使い分けている。
トランスミッションは全車CVT。エンジンに合わせて、高トルク型と低トルク型(といっても、25.5kgmものトルクを許容するわけだが)の2種類を使い分けている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る