ルノー・カングー ゼン(FF/6MT)

完熟のカングー 2014.06.19 試乗記 日本のルノーの半分を占める人気モデル「カングー」に1.2リッターターボエンジンと6段MT搭載の新グレードが追加設定。マニアが注目する(?)新パワートレインの魅力を味わった。

しっとり滑らかなシフトフィール

2014年6月中旬現在、日本で活動する正規インポーターのなかで最もマニアックなのは、ルノー・ジャポンだと思う。オフィシャルホームページを開いてみてください。カングーのラインナップをクリックすると、「カングー ゼン(6MT)」と「カングー アクティフ(5MT)」と、1つの車種に2種類のマニュアルトランスミッションを用意していることがわかる。
前者は新たにラインナップに加わった、1.2リッター直噴ターボエンジンに6段MTを組み合わせたモデル、後者が以前からの1.6リッター自然吸気(NA)エンジンに5段MTを組み合わせたモデルだ。

1.2リッター直噴ターボが最高出力115ps/4500rpm、最大トルク19.4kgm/2000rpm、1.6リッターNAが105ps/5750rpmと15.1kgm/3750rpm。スペックだけを見ると、1.2リッターのほうが低回転域から力が出ている。
この2台のどちらにしようかで悩む人が、果たして日本に何人いるだろうか。勝手な予測ではありますが、間違いなく4ケタはいないだろう。もしかすると2ケタということもあり得るかもしれない。
このよりすぐられた精鋭のみなさんに向けて原稿が書けることを、うれしく思います。

しかも1.2リッター直噴ターボのカングー ゼン(6MT)に試乗した翌日、偶然にも知人の1.6リッター+5MT仕様に乗る機会があった。カングー・マニアの神様が降りてきている!?
2台をまったくの同条件で乗ったわけではないけれど、フィーリングの違いを交えながらお伝えできそうだ。

1.2リッター直噴ターボエンジンを始動、スムーズに作動するクラッチを踏み込んで、これまた手応えのいい6段MTを1速にシフトする。シフトのストローク量は適切で、東西南北どの方向に動かしてもシフトミスの心配はない。「カチャコン」という工作機械っぽさを感じる5段MTに比べて、しっとり滑らかなシフトフィールであることも好印象だ。6段MT、いいじゃないですか。
そしてアクセルペダルには一切ふれないまま、クラッチをミートして発進。果たして、懸念していた1.2リッターエンジンのトルクやいかに?

6段MTのシフトフィールは、しっとりとしていて滑らかだ。
6段MTのシフトフィールは、しっとりとしていて滑らかだ。
テスト車にはディーラーオプションのカーナビが装着されていた。
テスト車にはディーラーオプションのカーナビが装着されていた。
搭載されるエンジンは直噴の1.2リッター直4ターボ。115psと19.4kgmを発生する。
搭載されるエンジンは直噴の1.2リッター直4ターボ。115psと19.4kgmを発生する。

ルノー・カングー ゼン(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る