フロントマスクを一新した「メガーヌR.S.」発売

2014.06.16 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S.」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長(手前)、および「浅間ヒルクライム2014」で同車をドライブした、ラリードライバーの奴田原文雄選手。
「ルノー・メガーヌR.S.」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長(手前)、および「浅間ヒルクライム2014」で同車をドライブした、ラリードライバーの奴田原文雄選手。

フロントマスクを一新した「ルノー・メガーヌR.S.」発売

ルノー・ジャポンは2014年6月15日、新デザイン戦略に沿ってフロントマスクを一新した高性能スポーツモデル「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」を日本に導入し、同年6月27日に発売すると発表した。

「メガーヌR.S.」のリアビュー。
「メガーヌR.S.」のリアビュー。
インテリアでは、ステッチなどの色が黄から赤に変更された。
インテリアでは、ステッチなどの色が黄から赤に変更された。
標準で装備されるレカロシート。
標準で装備されるレカロシート。
「浅間ヒルクライム2014」にて、奴田原選手のドライブで走る姿を披露する「メガーヌR.S.」(写真=沼田 亨)
「浅間ヒルクライム2014」にて、奴田原選手のドライブで走る姿を披露する「メガーヌR.S.」(写真=沼田 亨)

メガーヌR.S.は、ルノーのモータースポーツ活動などを担うルノー・スポールが手掛けた、「メガーヌ クーペ」の高性能モデルである。エンジンは最高出力265ps、最大トルク36.7kgmを発生する2リッター直4ターボで、トランスミッションには6段MTを採用。フロントの「ダブルアクスルストラット・サスペンション」をはじめ、シャシーも各部に独自のチューニングを施している。

今回の改良では、フロントマスクの意匠を「メガーヌ」や「キャプチャー」などに採用しているルノーの新デザイン戦略にのっとったものに変更。インテリアでは、各部のステッチやシートベルトなどに採用していたアクセントカラーを、従来のイエローからレッドに変更した。また運動性能に関する部分では、スリットを排したプレーンタイプのブレーキディスクをフロントに採用。ブレーキのコントロール性を高めている。

これらを含む、主な新装備は以下の通り。

・ 新フロントデザイン
・ ストップ&スタート機能
・ エナジースマートマネジメント
・ レッドステッチ&ドット入りフロントレザー調&ファブリックコンビレカロシート
・ レッドシートベルト

ボディーカラーは「ジョン シリウス M」「ブラン ナクレ M」「ノワール エトワール M」「グリ カシオペ M」の全4色。価格は396万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
メガーヌR.S.ルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • RRのホットハッチ「ルノー・トゥインゴGT」登場 2017.9.28 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年9月28日、コンパクトカー「トゥインゴ」に新グレード「GT」を設定し、同年10月19日より200台限定で販売すると発表した。ルノー・スポールが手がけた高性能グレードであり、より高出力なエンジンなど特徴としている。
  • ホンダX-ADV(MR/6AT)【レビュー】 2017.9.23 試乗記 スクーターのようなボディーに、オフロードも行けそうなタイヤとホイール。そしてナナハンクラスの大型エンジン。個性的なホンダの“アドベンチャーモデル”「X-ADV」とはどんなオートバイなのか? その走りをリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 「ルノー・ルーテシア」に5段MTの新グレード 2017.10.12 自動車ニュース ルノー・ジャポンが「ルーテシア」の中間グレード「ゼン」に5段MT仕様の「ゼンMT」を設定し、販売を開始した。内外装などの仕様はデュアルクラッチAT仕様と共通だが、価格は13万円安い204万円となっている。
  • 「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動 2017.10.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年10月11日、アルピーヌブランドモデルの日本における輸入販売事業を行うため、ビジネスユニット アルピーヌ・ジャポンを10月に設立したと発表した。
ホームへ戻る