ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)

完全な脱皮 2014.06.25 試乗記 母体のクライスラーがフィアットと合体する中で、大胆に生まれ変わった「ジープ・チェロキー」。新型の仕上がりを、最も高級なグレード「リミテッド」でチェックした。

マニアにとっても話題作

われわれ日本人から見ると、「ジープ・チェロキー」は1980年代半ばに輸入されてヒットした2代目から絶えることなく存在している。で、この新型は通算5代目。日本には初代が正式輸入されなかったので、4代目にあたる。ご存じの方も多いだろうが、日本における先々代と先代チェロキーは、地元アメリカでは「リバティ」であり、チェロキーの歴史はしばらく途絶えていた。今回の新型は北米でもチェロキーを名乗る。
まあ、北米でいったんチェロキー名が引っ込められたのも、なのに日本(というか、北米以外の大半の市場がそうだったけど)ではチェロキーと呼び続けられたのも、ただの販売戦略や商標の都合……といえば、そのとおりだ。しかし、マニア的見地からすると、北米における車名の変遷はなんとも象徴的だ。

日本でヒットした2代目チェロキーが発売された1984年当時、ジープの親会社はまだ「AMC(アメリカン・モーター・カンパニー)」だった。ちなみに70年代の初代もAMC時代の作品だ。チェロキーが円高を背景にしたインパクトのある低価格やアメ車初の右ハンドル導入、さらに一時はホンダ販売網でも売って……などといった大胆戦略で、日本でヒットするのは、1987年にAMCがクライスラーに吸収合併されて以降のハナシである。

つまり、アメリカのジープマニアにとっては、チェロキーはそもそも「AMCジープ」のクルマであって、「クライスラージープ」としてゼロから開発されたチェロキーは、今回が初めて。アメリカ人にとっては「第3世代、13年ぶりの復活チェロキー!」がコレなのだ。
このエクステリアデザインや横置きFFベースのレイアウトは日本でも物議をかもしているが、北米における新型チェロキーの衝撃はその比ではない。新型チェロキーにフィアット クライスラーが込めた決意は、日本人が想像するより、たぶん、はるかに大きい。

最新型の「ジープ・チェロキー」は、日本では2014年5月に発売された。今回のテスト車は、装備充実の高級グレード「リミテッド」。ほかに、エントリーグレードの「ロンジチュード」、オフロード走行に強みをみせる「トレイルホーク」がラインナップされる。
革巻きのステアリングホイールやシフトノブは標準で与えられる。インテリアカラーは、「モロッコ」と呼ばれるブラック(写真)のほか、インディゴブルーとブラウンのツートンカラー「ヴェスヴィオ」も用意される。
乗員の頭上に広がる大きなサンルーフは、「リミテッド」に限り選択可能なセットオプション「ラグジュアリーパッケージ」に含まれる。(写真をクリックするとサンシェードが開閉する様子が見られます)
新型「チェロキー」最大のトピックが、個性的なフロントデザイン。ボンネットサイドに見られるランプはLEDのクリアランスランプで、中段の丸灯がメインランプである。さらにその下、バンパー部にはフォグランプが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る