メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)

新手のオールラウンダー 2014.06.20 試乗記 メルセデス・ベンツが手掛けるコンパクトSUV「GLAクラス」が上陸。その走りは、既存のモデルとどう違う? 一般道とオフロードコースで、実力を確かめた。

ほどよくマッチョで、適度にゴージャス

メルセデス・ベンツGLAクラスは、同社の5番目にして最もコンパクトなSUV。2014年5月末より日本市場への導入が始まった。これでメルセデス・ベンツも、コンパクトSUV市場に参入することになる。
ただし資料を読む限りは「軽そうなヤツ」に思えてならなかった。軽そうというのは車体が軽いというのではなく、お手軽に作った、の「軽」だ。「A/Bクラス」をベースにちゃちゃっと車高を上げて、着せ替えワイルド版を作ってみました、的な。
そういう目で見ると、『スーパーマリオプラザーズ』のマリオが出てくるテレビCMも軽く思えてくる。

といった色眼鏡をかけて、新型車試乗会に向かう。ここでGLAクラスのモデル構成を紹介しておくと、用意されるエンジンは1.6リッター直噴ターボ(122ps)と2リッター直噴ターボ(211ps)の2つ。前者を搭載するモデルが「GLA180」で後者が「GLA250」となる。
日本仕様のGLA180はFF(前輪駆動)、GLA250は4MATICと呼ばれる4WD(四輪駆動)。どちらのモデルにも、標準仕様のほかに、10mm車高の低い「Sports」と、30mm車高を上げて快適性も高めたという「Off-Road」が用意される。

ほかに、360psの2リッター直噴ターボと4MATICを組み合わせる「GLA45 AMG 4MATIC」もラインナップされるけれど、730万2000円という価格も含めてカテゴリーが違うと思われる。
今回は、売れ筋の「GLA250 4MATIC」を試乗した。素のパフォーマンスを知るために、あえて標準仕様を選んだ。

試乗会会場で実車と対面して、真っ先に「うまい!」と思う。たくましさとエレガントさが、ケンカをせずに同居しているからだ。結果、ハイブランドが作るアウトドアシューズのように、ほどよくマッチョで適度にゴージャスというおしゃれ感を醸している。
ボンネットのラインやがっちりしたフロントグリルがタフさを表現しつつ、彫りの深いサイドのラインやクーペっぽいサイドウィンドウの切り取り方で都市にも似合うようなデザインになっている。
こりゃ売れそうだ、という思いは、実際にステアリングホイールを握るとさらに強くなった。

2013年9月のフランクフルトショーでデビュー、翌2014年5月に日本上陸を果たした「GLAクラス」。同じメルセデス・ベンツの「Aクラス」「Bクラス」「CLAクラス」などとプラットフォームを共有する、SUVモデルである。
2013年9月のフランクフルトショーでデビュー、翌2014年5月に日本上陸を果たした「GLAクラス」。同じメルセデス・ベンツの「Aクラス」「Bクラス」「CLAクラス」などとプラットフォームを共有する、SUVモデルである。
今回のテスト車「GLA250 4MATIC」(写真右)と、スポーティーモデルの「GLA250 4MATIC Sports」(同左)。両者は、内外装の仕立てやサスペンションのセッティングなどに差異がある。
今回のテスト車「GLA250 4MATIC」(写真右)と、スポーティーモデルの「GLA250 4MATIC Sports」(同左)。両者は、内外装の仕立てやサスペンションのセッティングなどに差異がある。
「GLAクラス」の2リッターモデルに搭載される、直4ターボエンジン。1200rpmの低回転域から35.7kgmの大トルクを発生する。アイドリングストップ機能も完備。
「GLAクラス」の2リッターモデルに搭載される、直4ターボエンジン。1200rpmの低回転域から35.7kgmの大トルクを発生する。アイドリングストップ機能も完備。
「若々しく彫刻的なデザイン」がうたわれる「GLAクラス」。ヘッドランプからリアエンドへと続くキャラクターラインや、ボンネットの隆起で、躍動感が表現されている。
「若々しく彫刻的なデザイン」がうたわれる「GLAクラス」。ヘッドランプからリアエンドへと続くキャラクターラインや、ボンネットの隆起で、躍動感が表現されている。
「メルセデスのSUVそろい踏み」の図。写真左から「Gクラス」「GLクラス」「Mクラス」「GLKクラス」、そして今回新たに仲間入りした「GLAクラス」。
「メルセデスのSUVそろい踏み」の図。写真左から「Gクラス」「GLクラス」「Mクラス」「GLKクラス」、そして今回新たに仲間入りした「GLAクラス」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLAの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る