クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)

新手のオールラウンダー 2014.06.20 試乗記 メルセデス・ベンツが手掛けるコンパクトSUV「GLAクラス」が上陸。その走りは、既存のモデルとどう違う? 一般道とオフロードコースで、実力を確かめた。

ほどよくマッチョで、適度にゴージャス

メルセデス・ベンツGLAクラスは、同社の5番目にして最もコンパクトなSUV。2014年5月末より日本市場への導入が始まった。これでメルセデス・ベンツも、コンパクトSUV市場に参入することになる。
ただし資料を読む限りは「軽そうなヤツ」に思えてならなかった。軽そうというのは車体が軽いというのではなく、お手軽に作った、の「軽」だ。「A/Bクラス」をベースにちゃちゃっと車高を上げて、着せ替えワイルド版を作ってみました、的な。
そういう目で見ると、『スーパーマリオプラザーズ』のマリオが出てくるテレビCMも軽く思えてくる。

といった色眼鏡をかけて、新型車試乗会に向かう。ここでGLAクラスのモデル構成を紹介しておくと、用意されるエンジンは1.6リッター直噴ターボ(122ps)と2リッター直噴ターボ(211ps)の2つ。前者を搭載するモデルが「GLA180」で後者が「GLA250」となる。
日本仕様のGLA180はFF(前輪駆動)、GLA250は4MATICと呼ばれる4WD(四輪駆動)。どちらのモデルにも、標準仕様のほかに、10mm車高の低い「Sports」と、30mm車高を上げて快適性も高めたという「Off-Road」が用意される。

ほかに、360psの2リッター直噴ターボと4MATICを組み合わせる「GLA45 AMG 4MATIC」もラインナップされるけれど、730万2000円という価格も含めてカテゴリーが違うと思われる。
今回は、売れ筋の「GLA250 4MATIC」を試乗した。素のパフォーマンスを知るために、あえて標準仕様を選んだ。

試乗会会場で実車と対面して、真っ先に「うまい!」と思う。たくましさとエレガントさが、ケンカをせずに同居しているからだ。結果、ハイブランドが作るアウトドアシューズのように、ほどよくマッチョで適度にゴージャスというおしゃれ感を醸している。
ボンネットのラインやがっちりしたフロントグリルがタフさを表現しつつ、彫りの深いサイドのラインやクーペっぽいサイドウィンドウの切り取り方で都市にも似合うようなデザインになっている。
こりゃ売れそうだ、という思いは、実際にステアリングホイールを握るとさらに強くなった。

2013年9月のフランクフルトショーでデビュー、翌2014年5月に日本上陸を果たした「GLAクラス」。同じメルセデス・ベンツの「Aクラス」「Bクラス」「CLAクラス」などとプラットフォームを共有する、SUVモデルである。
2013年9月のフランクフルトショーでデビュー、翌2014年5月に日本上陸を果たした「GLAクラス」。同じメルセデス・ベンツの「Aクラス」「Bクラス」「CLAクラス」などとプラットフォームを共有する、SUVモデルである。
    拡大
今回のテスト車「GLA250 4MATIC」(写真右)と、スポーティーモデルの「GLA250 4MATIC Sports」(同左)。両者は、内外装の仕立てやサスペンションのセッティングなどに差異がある。
今回のテスト車「GLA250 4MATIC」(写真右)と、スポーティーモデルの「GLA250 4MATIC Sports」(同左)。両者は、内外装の仕立てやサスペンションのセッティングなどに差異がある。
    拡大
「GLAクラス」の2リッターモデルに搭載される、直4ターボエンジン。1200rpmの低回転域から35.7kgmの大トルクを発生する。アイドリングストップ機能も完備。
「GLAクラス」の2リッターモデルに搭載される、直4ターボエンジン。1200rpmの低回転域から35.7kgmの大トルクを発生する。アイドリングストップ機能も完備。
    拡大
「若々しく彫刻的なデザイン」がうたわれる「GLAクラス」。ヘッドランプからリアエンドへと続くキャラクターラインや、ボンネットの隆起で、躍動感が表現されている。
「若々しく彫刻的なデザイン」がうたわれる「GLAクラス」。ヘッドランプからリアエンドへと続くキャラクターラインや、ボンネットの隆起で、躍動感が表現されている。
    拡大
「メルセデスのSUVそろい踏み」の図。写真左から「Gクラス」「GLクラス」「Mクラス」「GLKクラス」、そして今回新たに仲間入りした「GLAクラス」。
「メルセデスのSUVそろい踏み」の図。写真左から「Gクラス」「GLクラス」「Mクラス」「GLKクラス」、そして今回新たに仲間入りした「GLAクラス」。
    拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

乗れば感じる“余裕”と“効率”

インテリアの眺めは、Aクラスと変わらない。機能的でありながらいいモノ感も感じさせる、バランスのいいデザインだ。

ステアリングホイールの右側根元から生えているシフトセレクターでDレンジをセレクト、パーキングブレーキを解除すれば準備完了。ブレーキペダルから足を放すと、メルセデス・ベンツGLA250 4MATICはアイドル回転でしずしずと発進した。
「A250 4MATIC」に比べると約50kg重いけれど、35.7kgmという大トルクをわずか1200rpmから発生する2リッター直噴ターボにとっては蚊に刺された程度の重量増だ。ストップ&ゴーが続く市街地も余裕をもって走る。

デュアルクラッチ式のトランスミッション、7段G-DCTは、「E」「M」「S」の3モードのうち「E」を選ぶ限り、早いタイミングでどんどん上のギアを選ぶ。ギアが変わったことに気づかないほどスムーズに変速するので、街中でも気づくと5速とか6速で走っている。いかにも効率がよさそうだ。

一方、「S」モードを選ぶと高回転域にキープして、元気よく走るようになる。山道では、「M」を選んでパドルシフトで遊ぶのも楽しい。「-」のマークが付いた方のパドルシフトを2度手前に引くと、「タンッ、タンッ」と素早くギアを落としてくれる。
ただしタコメーター上では6250rpmから上がレッドゾーンになっているけれど、パワーや爽快感がエンジン回転に比例して増すタイプではない。せいぜい5000rpm前後をメドにシフトアップして、中回転域でのレスポンスのよさを楽しむような走り方で一番持ち味が出るエンジンだと思う。

そしてちょっと路面の荒れたワインディングロードや特設オフロードコースを走ると、売れそうだという予感はますます強まるのだった。

インテリアのデザインは、兄弟車の「Aクラス」に倣ったもの。タブレット型端末のように見える、センターコンソールの7インチディスプレイが特徴的だ。
インテリアのデザインは、兄弟車の「Aクラス」に倣ったもの。タブレット型端末のように見える、センターコンソールの7インチディスプレイが特徴的だ。
    拡大
メーターはオーソドックスな2眼式。その間には、各種の車両情報や警告メッセージを表示するマルチインフォメーションディスプレイがレイアウトされる。
メーターはオーソドックスな2眼式。その間には、各種の車両情報や警告メッセージを表示するマルチインフォメーションディスプレイがレイアウトされる。
    拡大
エキゾーストパイプは2本出し。リアエンドのアンダーガードがSUVモデルならではの個性を主張する。
エキゾーストパイプは2本出し。リアエンドのアンダーガードがSUVモデルならではの個性を主張する。
    拡大
こちらはセンターコンソールのスイッチ群。通常の走行モードセレクターに加えて、オフロード走破性を最大限に高める特殊機能の選択ボタンなどが並ぶ。
こちらはセンターコンソールのスイッチ群。通常の走行モードセレクターに加えて、オフロード走破性を最大限に高める特殊機能の選択ボタンなどが並ぶ。
    拡大
荷室の容量は、5人乗車時で421リッター。後席を倒せば、最大1235リッターにまで拡大できる。長尺物を積むためのスキーホールも備わる。(写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます)
荷室の容量は、5人乗車時で421リッター。後席を倒せば、最大1235リッターにまで拡大できる。長尺物を積むためのスキーホールも備わる。(写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます)
    拡大

「Aクラス」とは別のクルマ

「メルセデス・ベンツA250 シュポルト」のアジリティー(敏しょう性)とフラットライドを両立した足まわりも魅力的だったけれど、「メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC」はもう少し大人っぽくて懐が深い印象だ。
路面のコンディションが悪いところを強行突破しても、タイヤが受けた鋭いショックはサスペンション→ボディー→シートやステアリングホイールと伝わるうちに、次第に角が取れてくる。最終的にドライバーは、快適な乗り心地を享受することになる。

Aクラス/Bクラスをベースに手軽にちゃちゃっと作った感じはない。市街地や山道をちゃきちゃき走るAクラス、ロングドライブをゆったりと走るGLAクラス。といった具合に、異なるキャラクターを与えるべく念入りに作りこまれている。

オフロードコースを走ると、そんな思いがさらに強まる。GLAクラスの4MATICは、通常は前後トルク配分100対0、つまり燃費を考慮してFFで走る。そして状況に応じて最大で前後50対50まで後輪にトルクを配分する。
オフロードに入ったら、まずインパネのスイッチを押してトランスミッションをオフロードモードにする。するとシフトやアクセル操作に対するレスポンスが、悪路走破性を優先するセッティングに変わる。

4MATICの威力は絶大で、コンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5」というオンロードを快適かつスポーティーに駆け抜けるためのタイヤを履くにもかかわらず、普通のハッチバックだったら絶対に行けないような難所を軽々と駆け登る。
駆け下りる時には、DSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)のスイッチを押す。すると、4~18km/hの間で設定した速度をキープしてくれるから、ドライバーはステアリングホイールの操作に専念できる。DSRは、「どんな・坂でも・楽々」だ。

GLAの最低地上高は150mmほどで、100mm前後のAクラスやBクラスに比べると、こういった場所では明確なアドバンテージがある。
GLAも見た通り、がっちがちのオフローダーではないから調子に乗ると腹を擦ったりアゴを打ったりするけれど、スキーやサーフィンやフィッシングなど、アウトドアのアクティビティーを楽しむには十分以上の性能だろう。

素性のよいパワートレインと大人っぽい足まわり、頼りになる4MATIC。さらにゆとりのある居住空間とラゲッジスペース。そしてただかっこいいだけでなく、使い倒せるギアっぽい魅力。商品力は相当高い。

(文=サトータケシ/写真=峰 昌宏)

「GLA250 4MATIC」(欧州仕様車)の0-100km/h加速タイムは7.1秒。最高速度は230km/hと公表される。JC08モードの燃費値は、14.0リッター。
「GLA250 4MATIC」(欧州仕様車)の0-100km/h加速タイムは7.1秒。最高速度は230km/hと公表される。JC08モードの燃費値は、14.0リッター。
    拡大
ヘッドレスト一体型のシート。座面と背もたれの中央部分にはファブリックが、それ以外の部分には人工皮革が用いられる。オプションで本革仕様に変更可能。
ヘッドレスト一体型のシート。座面と背もたれの中央部分にはファブリックが、それ以外の部分には人工皮革が用いられる。オプションで本革仕様に変更可能。
    拡大
オフロードコースでのひとこま。DSRと呼ばれる車速の制御機能を使いながら、滑りやすい斜面を下る。
オフロードコースでのひとこま。DSRと呼ばれる車速の制御機能を使いながら、滑りやすい斜面を下る。
    拡大
4WDの駆動方式が採用される「GLA250 4MATIC」。必要に応じて、100対0~50対50の間で前後輪へのトルク配分が行われる。
4WDの駆動方式が採用される「GLA250 4MATIC」。必要に応じて、100対0~50対50の間で前後輪へのトルク配分が行われる。
    拡大
AMGモデルを除く2リッターの「GLAクラス」には、車両の傾きや前輪の切れ角など、オフロード走行に必要な情報を表示する機能が備わる。
AMGモデルを除く2リッターの「GLAクラス」には、車両の傾きや前輪の切れ角など、オフロード走行に必要な情報を表示する機能が備わる。
    拡大
19インチホイールを装着するAMGモデルを除き、「GLAクラス」全車に18インチアルミホイールが与えられる。デザインはグレードごとに異なる(写真は「GLA250 4MATIC」)。
19インチホイールを装着するAMGモデルを除き、「GLAクラス」全車に18インチアルミホイールが与えられる。デザインはグレードごとに異なる(写真は「GLA250 4MATIC」)。
    拡大

メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4430×1805×1495mm
ホイールベース:2700mm
車重:1570kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:211ps(155kW)/5500rpm
最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1200-4000rpm
タイヤ:(前)235/50R18 97V(後)235/50R18 97V(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5 SSR)
燃費:14.0km/リッター(JC08モード)
価格:459万円/テスト車=498万5400円
オプション装備:レーダーセーフティーパッケージ<緊急ブレーキ機能CPA+ブラインドスポットアシスト+ディストロニックプラス+レーンキーピングアシスト+PRE-SAFE(19万5400円)/バリューパッケージプラス<運転席メモリー付きフルパワーシート+前席電動ランバーサポート+後席アームレスト+トランクスルー機構+助手席側リバースポジション機能付きドアミラー+後席カップホルダー+バックレスト折り畳み角度調節+アンダーシートボックス+シートバックポケット+サングラスケース+助手席ネットポケット+ラゲッジルーム12V電源ソケット+ラゲッジネット+左右独立調節式クライメートコントロール+折り畳み収納ボックス>(20万円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:1012km
テスト形態:ロードインプレッション(一部オフロードコース)
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC
メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC
    拡大
LEDが採用されたリアコンビランプ。2分割のデザインで、内側半分はリアゲートとともに持ち上がる。
LEDが採用されたリアコンビランプ。2分割のデザインで、内側半分はリアゲートとともに持ち上がる。
    拡大
後席の様子。左右2座のヘッドレストは、前席同様、背もたれと一体になっている。
後席の様子。左右2座のヘッドレストは、前席同様、背もたれと一体になっている。
    拡大
センターコンソールに備わる「COMANDシステム」コントローラー。1つのダイヤルで多彩な入力(回転/押し下げ/前後左右スライド)が可能なため、カーナビやその他エンターテインメント機能を直感的に操作できる。
センターコンソールに備わる「COMANDシステム」コントローラー。1つのダイヤルで多彩な入力(回転/押し下げ/前後左右スライド)が可能なため、カーナビやその他エンターテインメント機能を直感的に操作できる。
    拡大

メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
GLAメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事