「マクラーレンP1」にサーキット専用モデル

2014.06.17 自動車ニュース
「マクラーレンP1 GTR」のイラスト。
「マクラーレンP1 GTR」のイラスト。

「マクラーレンP1」にサーキット専用モデル登場

英マクラーレン・オートモーティブは2014年6月16日、ハイブリッド・スーパースポーツカー「P1」のサーキット専用車「P1 GTR」を、台数限定で生産すると発表した。


「マクラーレンP1」にサーキット専用モデルの画像
ルマン24時間耐久レースなどで活躍した「マクラーレンF1 GTR」。
ルマン24時間耐久レースなどで活躍した「マクラーレンF1 GTR」。

マクラーレンP1 GTRは、交通規制などといった制約がないサーキットの中で最高のドライバーズカーとなるよう設計、開発されたモデルで、パフォーマンス、グリップ、エアロダイナミクス、ダウンフォースがロードカーであるP1よりもさらに向上している。想定最高出力は1000psをうたっており、幅広のトレッドやレースで実績のあるスリックタイヤを採用。エクステリアについても、よりアグレッシブな独自のフォルムとなっているという。

製造はマクラーレンP1(375台限定)の生産終了後に開始。価格は198万ポンド(約3億4650万円、1ポンド=175円で換算)を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

P1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る