第242回:身近に水とボートのある暮らし
ヤマハマリンクラブ「シースタイル」メディア体験会リポート

2014.06.17 エッセイ

ヤマハが展開する会員制ボートレンタルシステム「Sea-Style(シースタイル)」のメディア向け体験会に参加して、水資源に恵まれた日本におけるボートライフについて考えた。

宿泊先のフーピンカウンダインリゾート。写真中央がボート乗り場(ポンツーン)。
ボートは5人乗りで客席は基本4席。水しぶきと日差しをよけるためのパラソルが用意されている。エンジンは中国製。「中国製のエンジンは音がうるさくて燃費も悪く、壊れやすい。本当はヤマハやホンダの船外機がほしい」と船頭はぼやいていた。
湖の中にはいくつかの集落が点在する。交通手段はボートのみ。
脚でオールを漕いでボートを操作し漁をする地元の漁師とインレー湖の夕暮れ。

日常にボートがある暮らし

今年の3月にヤンゴンを訪れたついでに、ミャンマーで一番人気の観光スポット「インレー湖」まで足を伸ばした。ヤンゴンから飛行機で1時間ちょっとでヘイホー空港へ。そこからクルマでさらに1時間でインレー湖に到着。宿を取ったフーピンカウンダインリゾートは湖畔に面したすてきなホテルで、筆者の部屋は水上コテージだった。そして、ホテルにはボートハウスがあり、宿泊客を乗せたボートが次々に出航していくのが部屋から見えた。

そうなのである。インレー湖観光はボートがないと始まらない。表面積43.5平方キロメートル、平均標高884メートルの高地に位置するこの淡水湖は、最深部の水位でも3.1メートルほどしかない。(※雨期は増水するため減水期と増水期で表面積や水深は大きく異なる)そのため、湖の中にはたくさんの集落が点在し、人々は水上コテージを建てて生活している。レストランや寺院、ハスの茎の繊維を紡いだ糸で織った布製品や銀の加工品など名産のお土産物を販売しているショップなどもすべて湖の上にある。だからボートなしでは観光ができないのである。

ボートのチャーター料は1日あたり2万5000チャット。日本円にして約2500円だ。月収1万円以下の収入の人がほとんどのミャンマーにあっては高額であるが、日本人にとっては「えっ、それだけで一日乗り放題?」と驚く金額。もちろんちゃんと船頭兼ガイド(英語はあまりうまくないが、当方もいい加減な英語のため、妙に意思疎通ができた)がついての値段である。

ボートは20フィートくらいの細長いもので、4人程度の席が用意されていた。青空の下、風を切って湖上を疾走するのは実に爽快である。なるほど、これが人気観光地ナンバーワンの秘密だったのだ。ミャンマーには巨大な黄金の寺院「シュエダゴン・パゴダ」や落ちそうで落ちない奇跡の黄金の岩「ゴールデン・ロック」など、金閣寺もびっくりの荘厳(そうごん)できらびやかな観光スポットがあるが、これらを差し置いて、写真では貧相に見える田舎の湖がなぜ人気ナンバーワンなのかずっと疑問だった。しかし、実際にこの地を訪れて初めて分かった。すべては水とボートによって創り出された魅力だったのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ