第352回:夏休み前集中講座:イタリア式ガソリンスタンドの利用のお作法、教えます

2014.06.20 エッセイ

ガソリンスタンド業界の曲がり角

近い将来、イタリアから石油ブランド「Shell(シェル)」が消滅する見込みだ。シェルは、現在イタリア国内に850カ所あるガソリンスタンド網を「Q8」の名前で展開しているクウェート石油に譲渡する。これは本社の欧州業務見直しの一環で、部門を担当していたイタリア法人の従業員220人もクウェート石油に移籍する。2014年2月に発表され、現在イタリアの公正取引委員会の承認待ちだ。

シェルは、他部門のイタリア事業は従来どおり継続するという。だが、かつてフェラーリF1のオフィシャルスポンサーも務め、イタリアでは「ESSO(エッソ)」と並んで最もポピュラーな外資系ガソリンスタンド網のひとつであったシェルの撤退は、経済低迷による燃料需要減少でこの業界が曲がり角にあることを物語っている。

そうしたなか近年、イタリアで急激に店舗数を増やしているのが独立系のディスカウントガソリンスタンドだ。日本でいう無印スタンドである。
30年以上にわたりメジャー系「TOTAL(トタル)」のスタンドを夫婦で営み、少し前リタイアした知り合いのジュゼッペさんに聞けば、「無印スタンドの燃料も、品質的には何ら問題ないよ」という。そこで、ボクも彼の店のかわりに、独立系スタンドに通うようになった。

メジャー系スタンドと比較すると、独立系は広告営業費などのコストをカットしていることから、1リッターあたり1.5ユーロセント前後安い。円にすれば約2円だが、満タンにすればエスプレッソコーヒー1杯分くらい違ってくる。さらにわが家が通う独立系ディスカウントスタンドの場合、セルフではなくスタッフが入れてくれるので気楽である。

従来のスタンドと違い、サービスを省いてコストカットしているので、タイヤ空気圧やオイルレベルのチェックなどがおろそかになるのが若干心配だが、ともかくその無印スタンドには市内で唯一いつも長蛇の列ができている。

「シェル」のガソリンスタンド。フィレンツェ郊外にて。
「シェル」のガソリンスタンド。フィレンツェ郊外にて。
1960年代の雑誌広告から。「シェル」は長年、イタリアで最もポピュラーな給油所ブランドだった。
1960年代の雑誌広告から。「シェル」は長年、イタリアで最もポピュラーな給油所ブランドだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。